スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

トーレスの年俸推移を調査!師匠と呼ばれる由来についても

time 2018/07/20

トーレスの年俸推移を調査!師匠と呼ばれる由来についても

こんにちは、ついに神の子フェルナンド・トーレス選手がJリーグ(サガン鳥栖)に参上しますね。

まだ信じられないというファンも多いと思います。

そこで気になるのが、お金のことではないでしょうか。

この記事は、フェルナンド・トーレス選手の年俸についての内容となっています。

スポンサーリンク

フェルナンド・トーレス選手のプロフィール

フルネーム:フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス

愛称:エル・ニーニョ(神の子)

生年月日:1984年3月20日

年齢:34歳

出身地:スペイン・マドリード州フエンラブラダ

身長:183cm

体重:70kg

利き足:右

ポジション:FW

所属チーム:サガン鳥栖

趣味:ボードゲーム、テレビゲーム、ニルヴァーナやホアキン・サビーナのCDをコレクション

プレースタイル:U-16スペイン代表、U-19スペイン代表と2つの欧州選手権で得点王とMVPを獲得し、チームを優勝に導くなど10代の頃から「神の子」と呼ばれたその天賦の才を持っています。

走力、プレーの柔軟性、戦術的柔軟性があり、スピードとDFの裏をとるセンスを武器にとしながら、高いレベルのヘディング・ロングシュート以外のプレイをバランスよくこなせる万能型のFW。

また行動範囲が広く、サイドからのチャンスメイク、献身的な守備も評価されています。

アトレティコ・マドリードの下部組織で育ち2001年にトップ昇格。

その後、リバプール、チェルシーで活躍しACミランを経て2015~16年シーズンにアトレティコ・マドリードに復帰しました。

スペイン代表としては110試合に出場し38得点。

2010年W杯南アフリカ大会優勝、2008年、2012年欧州選手権連覇に大きく貢献しています。

スポンサーリンク

年俸推移を調査

年俸に関しては公表されていないので、あくまで推定となっています。

アトレティコ・マドリード(2001年~2007年)

アトレティコが1部に昇格した02/03シーズンから5年連続で二桁得点を記録。

2003年にはスペイン代表にもデビューするなど華々しい活躍をみせていましたが、すみません当時の年俸に関する情報がありませんでした。m(_ _)m

おそらく年齢が同じで、共に日本で戦う事になった、アンドレス・イニエスタ選手と年俸も同じぐらいだと思います。

ちなみにイニエスタ選手のFCバルセロナでの年俸推移(2002年~2007年)は

2002:5,000万円

2003:1億0000万円

2004:1億5000万円

2005:3億0000万円

2006:6億0000万円

2007:6億0000万円

ということです。

リバプール(2007年~2011年)

タイトルを求めてリヴァプールへの移籍を決断。

週給2200万円、年俸にしますと約10億5000万円の6年契約ということでした。

プレミアリーグの激しく、スピーディーな展開に順応できるか疑問の声も多かったが、シーズンが始まると批判を一蹴するゴールラッシュを見せ、最終的にはリーグ戦24得点。

本人も「この国のアップテンポなサッカーは自分にぴったり」と語っています。

チェルシー(2011年~2014年)

ステップアップのためにチェルシーへ移籍。

週給17万5000ポンド、日本円すると約2,560万円、年俸では約12億3000万円ということでした。

移籍金は(当時)英国サッカー史上最高額の5000万ポンド(約66億円)と言われ期待されての入団となりましたが、リーグ戦合計110試合出場でわずか20ゴールとその活躍は一気に影を潜めました。

ACミラン(2014年~2015年)

自らの経歴に泥を塗る格好でACミランヘと2年間の期限付き移籍となります。

年俸に関しては約4億円以下とも言われていました。

ACミランでも苦悩の日々が続きましたが、2015年1月5日付でミランに完全移籍することが発表されました。

アトレティコ・マドリード(2015年~2018年)

2014年12月29日、古巣アトレティコ・マドリードへの移籍合意が発表され、契約は2015年1月5日から1年半のレンタル移籍、その後2015-16シーズン後は契約満了によりミランを退団し、フリーでアトレティコに完全移籍という形で加入となります。

年俸は約350万ポンド、日本円で約5億1700万円。

自身初となる5試合連続ゴールを達成すると、2016年4月27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第一戦バイエルン・ミュンヘン戦でも先発フル出場を果たし、チームの勝利に貢献するなど、復帰した古巣アトレチコで完全復活を遂げました。

サガン鳥栖(2018年~)

そして神の子がJリーグに上陸。

年俸7億5000万円の3年契約ということです。

スポンサーリンク

師匠と呼ばれる由来

神の子と呼ばれるトーレス選手ですが、チェルシー時代、なかなかチームにマッチせず、初ゴールまで903時間という時間を要したことは有名です。

これはチェルシーとしてクリス・サットン選手のもっていた記録を抜いてワースト記録の更新。

世界的ビッグクラブでの大記録で、これには日本の(2ちゃんねらー)サッカーファンは「師匠」として祭り上げました。

サッカー界において師匠とは、ゴールを決められないFWに送られる汚名であり勲章と言われています。

由来は、2002年サッカー日本代表の鈴木隆行選手がしばらくの間ノーゴールの状態であり、同代表の小野伸二選手がインタビューで彼のことを「師匠」と呼んでいたことから、2ちゃんねるでノーゴール=師匠と呼ばれるようになりました。

ただしただ外し続けるだけのFWにその称号が与えられることはなく

  • 簡単なシュートが決められない。
  • 素晴らしいシュートを放つが枠を捕らえない。
  • 時々不可解な突破やシュートを試み観客の冷ややかな笑いを誘う。
  • 監督・チームメイト・サポーター・相手(中立)サポーターがそれぞれ違う期待をしている。
  • 点を決めないのになぜか試合に出続けられる。
  • 極稀にスーパーゴールを決めたり重要な試合で点を取る。

以上のような特徴を持っていることが条件だということです。

現在では、フェルナンド・トーレス選手はじめ、ジャンパオロ・パッツィーニ選手(レバンテ)、マリオ・ゴメス選手(VfBシュツットガルト)、クラース・ヤン・フンテラール選手(アヤックス)が師匠四天王とされています。

 

私なりのまとめ!

これから神の子フェルナンド・トーレス選手がJリーグで、どのように躍動するのか楽しみですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
イニエスタ 嫁の年齢は何歳?馴れ初めや子供の学校も調査

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください