スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

藤蔭高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/07/27

藤蔭高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権大分大会決勝は、息詰まる投手戦を展開し、柳ケ浦高校に1-0で勝利。
28年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めました。

監督:原 秀登 45歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 市川晃大 3 右右 175 75 田隈(福岡県)
2 堀田将吾 3 左右 179 74 鹿(奈良県)
3 御手洗考紀 3 右左 165 68 東部 (日田東部)
4 神田星斗 3 右右 163 59 那珂川南(福岡県)
5 武井政晶 3 右右 166 63 (福岡県)
6 朝倉康平 2 右右 172 73 北部(日田北部)
7 橋本和真 3 右右 176 70 (福岡県)
8 内田彪吾 3 右左 170 60 吉井 (福岡県)
9 奥園 颯 3 右右 176 82 春日東(福岡県)
10 吉村紘輝 3 右右 187 90 三輪(福岡)
11 小宮大明 2 右右 174 73 古賀 (福岡)
12 吉田智哉 2 右右 169 65 宝城 (福岡)
13 塚本研身 3 右右 173 70 田主丸(福岡)
14 樋口昇樹 2 右右 165 58 吉井(福岡)
15 花岡洋平 3 右左 176 70 門真二(大阪)
16 ★熊懐郁祐 3 右右 170 78 田主丸(福岡)
17 小柳輝大 3 右左 172 68 諏訪(福岡)
18 岡藤勇之介 3 右右 172 72 春日西(福岡)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

県大会では下馬評は決して高くありませんでした。

しかし投打がかみあい、28年ぶり2回目の夏の甲子園出場。

藤蔭高校がはじめて夏の甲子園に出場した時のキャプテンが原監督でした。

甲子園行きのキップをつかんだ瞬間、ベンチを出て拳を突き上げ喜びを爆発させていました。

スポンサーリンク

注目選手

決勝を無四球で完封し、チームを28年ぶりの甲子園に導いたエース市川晃大選手です。

約1年前、新チーム発足直後に外野手から投手転向。

100メートルの坂道ダッシュ、ポール間のインターバル走など、苦しい練習も乗り越え、スライダーを武器に、打たせて取る投球に磨きをかけます。

5月の県選手権で準優勝し、監督から絶大な信頼を得ます。

柳ケ浦との決勝も勝も7回途中から再び足がつりますが、監督から「市川と心中だ」と言われ奮起。

監督に最高のプレゼントを贈った形となりましたが、「全国にはすごい打者がたくさんいる。対戦するのが今から楽しみ」と甲子園に向けての意気込みも語っていました。

まとめ!

市川選手の他にも、熊懐郁祐主将がチームをもり立て、1、2番が俊足を生かした走塁でプレッシャーを相手に与える攻撃も見ものです。

甲子園ではどういった戦いを見せてくれるのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください