スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

沖学園高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/07/27

沖学園高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権南福岡大会決勝は、沖学園高校が九産大九州に1-0で競り勝ち、創部61年目にして悲願の春夏通じて甲子園初出場のキップを手に入れました。

監督:鬼塚佳幸 36歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 齊藤 礼 3 右右 174 67 箱崎
2 平川夏毅 3 右左 171 73 箱崎
3 吉田圭吾 3 右右 182 78 内浜
4 森島 渉 3 右右 171 65 片江
5 市川颯斗 3 右右 162 71 多々良中央
6 ★阿部剛大 3 右右 177 68 春吉
7 吉村脩希 3 右右 171 67 松崎
8 三浦慧太 3 左左 181 74 照葉
9 沖島和樹 3 右右 172 67 前原
10 石橋 幹 3 右左  186  72  曰佐
11 竹本隼人 3 右右 170 67 博多
12 牧田涼太郎 2 右右 171 81 志免
13 高原敦彦 2 右左 175 60 松崎
14 田川翔大郎 3  右左 166 66  香椎第二
15 髙塚皓嗣 2  右右 178 74  太宰府
16 小泉成亜 3 右左  166 60  湯田(山口)
17 柴田仁魁 3 右右  177 80  吉塚
18 上園凱斗 3 右右  182 71  東郷(鹿児島)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

今夏大会はノーシードから西日本短大付や東福岡、福岡大大濠など甲子園出場経験のあるシード校を次々と撃破。

勢いに乗って決勝は九産大九産の好投手から1点をもぎ取り、1対0で競り勝ちました。

第100回記念大会で初めて大きな壁を破った沖学園が、創部61年目で悲願の甲子園出場を決めました。

スポンサーリンク

注目選手

南福岡大会決勝では2安打の完封と甲子園に導く活躍をしたエース齊藤 礼選手です。

2年夏から背番号10でベンチ入りしたエースは、自己最速139キロのストレートの他、スライダー、チェンジアップ、カーブ、フォーク、シンカーと5種類の変化球を駆使し、ノーシードながら3回戦で西日本短大付(7―3)4回戦・九州産業(12―5)準々決勝・東福岡(4―3)準決勝・福岡大大濠(8―5)と強豪を倒し、優勝候補キラーとして注目されます。

決勝戦含め4試合連続完投勝利で優勝の立役者となり「甲子園でも自分の投球をしたい」と気持ちを高ぶらせ、さらに「どうすれば楽して投げられるかを研究して変化球を磨いてきた。甲子園では大阪桐蔭とやりたい。」と甲子園に向けて意気込みを語っていました。

まとめ!

南福岡大会から動体視力を鍛えるため、速読を導入するなど独自の取り組みを実践。

結果、打線が尻上がりに調子を上げるなど「相手より1点でも多く取る」集中力の高さにつながったといいます。

今度は甲子園初勝利に向けてどういった戦い方をするのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください