スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

折尾愛真高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/07/27

折尾愛真高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権北福岡大会決勝は、折尾愛真高校が飯塚高校を12対9で破り、春夏通じて甲子園初出場を果たしました。

監督:奥野博之 48歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 小野剛弥 3 左左 165 66 嘉穂
2 岩見 駿 3 右両 167 73 宮若西
3 野元 涼 3 右左 180 90 梅林
4 下柳 涼 3 左左 161 75 早鞆
5 上地龍聖 3 右右 173 77 古賀北
6 斉藤隼人 2 右右 165 67 上津役
7 長野匠馬 3 右左 175 86
8 田島秀弥 3 右右 165 74 津屋崎
9 古野皓大 3 右右 177 75 河東
10 ★松井義弥 3 右左 191 88 金川
11 堀田明嗣 3 左左 171 70 新宮
12 安川瑠希 2 右右 172 72 折尾愛真
13 塚本覇揮 3 右右 175 83 尾倉
14 八尋歩夢 2 右右 170 68 黒崎
15 中尾俊稀 2 右右 174 63 小江原(長崎)
16 平戸海真 3 右左 173 73 大野東
17 安永竜大 3 右右 174 74 粕屋
18 星 空来 3 右両 168 58 鞍手

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

北福岡決勝は、両チーム計29安打の打撃戦となりました。

この乱打戦を制した折尾愛真は、春夏を通じて初の甲子園となります。

創部当時から指揮を執る奥野監督が強豪に育てあげたチーム、折尾愛真は打撃が売りの超攻撃型チームです。

初戦から決勝までの6試合で10本塁打で57得点を叩き出しました。

元々女子校でしたが、共学に移行したのを機に野球部が創部されて15年目、ついに悲願達成ということですね。

スポンサーリンク

注目選手

北福岡大会6試合で10本塁打とゴジラの異名をとる高校通算40本塁打の松井義弥選手(主将)です。

恵まれた体格から強い打球を放つ左の強打者は1年時から遊撃手としてレギュラーとなります。

外野手を経て3年春からサードを任され強力打線の軸となります。

その他、ピッチャーとしてもプレーが出来る器用さも持ち合わせています。

さらに50m走6秒2、左打者で三塁到達タイム12.1秒台とポテンシャルを秘めた松井選手には、すでに日米11球団のスカウトから注目される逸材で、2018年ドラフト候補生でした。

まとめ!

松井選手に注目が集まる中、長野匠馬選手はじめ、どこからでも得点できる打撃陣は、北福岡大会決勝でも13安打12得点と圧倒し、ゴジラ打線と言われています。

甲子園初勝利に向けてどういった戦い方をするのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください