スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

鳴門高校野球部メンバー野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/07/31

鳴門高校野球部メンバー野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権徳島県大会決勝は、鳴門高校が生光学園に4-2で勝ち、2年ぶり12度目の優勝を果たし、甲子園出場を決めました。

監督:森脇 稔 57歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 西野知輝 2 左左 173 71 鳴門第一
2 中村歩睦 3 右右 172 76 小松島
3 庄野蓮汰 3 右左 168 69 川内
4 塩唐松宏将 2 右右 168 68 (兵庫)
5 田口史樹 1 右左 169 64 北島
6 大下竜輝 3 右右 170 74 国府
7 ★三浦光翔 3 右右 176 71 生光学園
8 宮崎龍司 2 左左 171 68 鳴門第一
9 浦 和博 2 左左 171 73 津田
10 上原 諒大 3 右右 179 81 鳴門
11 石ヶ谷篤 3 左左 173 65 松茂
12 原田力輝 1 右左 175 75 羽ノ浦
13 車谷幹太 2 右右 164 68 (奈良)
14 矢竹敏征 2 右左 177 72 生光学園
15 仲野仁一朗 3 右右 170 64 鳴門第一
16 竹内勇輝 2 右左 171 68 相生
17 吉田催哉 3 右左 173 71 松茂
18 岸 拓磨 3 右右 167 69 大麻

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

秋・春と県大会を連覇し、大本命の第1シードで迎えた徳島大会。

昨年秋から続く終盤の大崩れが今夏大会も改善されず、初戦は7回と8回で計10失点。

決勝までの4試合で8失策と課題の守備を露呈していました。

全国大会出場を決めても、「守れない」と森脇監督の表情は硬いままということです・・・・

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても2年生エース西野知輝選手・主将の三浦光翔です。

昨秋県予選優勝の立役者となった西野選手は、直球、スライダー、チェンジアップをコーナーにテンポ良く投げ、全試合に先発し37回で防御率1・22、44奪三振、与四死球5と抜群の安定感で優勝に導きました。

そして今夏大会も防御率1・46と抜群の安定感。

130キロ台前半の直球とチェンジアップ、スライダーを投げ分け優勝に大きく貢献しています。

森脇監督も「西野がエースらしく投げきってくれた。」とコメントしていました。

そして「渦潮打線」主軸の三浦光翔です。

昨秋県予選優勝もチーム打率は3割4分。好機に畳み掛け、1試合平均で7・6点を奪っていました。

4番三浦選手、5番大下選手、6番中村選手は4割を超えての優勝を手にしています。

そして今夏大会でもチーム打率は4割3厘。

1~4番は4割を超え、主砲の三浦選手は勝負強さを発揮しチームを牽引しています。

初戦の城南戦は八回に4点差を追いつき、準決勝の富岡西戦は九回に4点差を逆転。

決勝生光学園戦でも3回序盤に1点を追いかける展開で、2番 大下竜輝選手のタイムリースリーベースヒットや、キャプテンの4番 三浦光翔選手のヒットなどで一挙4得点を挙げ、生光学園を引き離しました。

三浦選手は「劣勢でも打ち勝てるのが、僕たちのチームカラー」と語っていました。

まとめ!

「甲子園でも元気よく明るく、積極的な野球がしたい。」という三浦選手。

「挑戦者のつもりで挑みたい。」と森脇稔監督が意気込みを語っていました。

聖地(甲子園)でどういった戦いを見せてくれるのか非常に楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください