スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

益田東高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/07/31

益田東高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権島根県大会決勝は、益田東が石見智翠館を6-0で破って、18年ぶり4回目の夏の甲子園出場を決めました。

監督:大庭敏文 37歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 和田晃成 3 右右 173 71 大東(大阪)
2 中山 翔 3 右右 170 74 城陽(大阪)
3 安田陸人 2 右右 181 82 細郷(大阪)
4 藤本涼太 3 右右 178 75 双ヶ丘(京都)
5 稲林隼人 3 右左 177 77 高野台(大阪)
6 首藤舜己 3 右右 158 58 上甲子園(兵庫)
7 ★荻野竜志 3 右左 171 68 渋谷(大阪)
8 乾 豊 3 右右 171 70 大東(大阪)
9 佐野真太郎 3 左左 175 73 阿倍野(大阪)
10 有田恭朔 3 左左 159 65 豊中八(大阪)
11 乾 颯汰 3 右右 163 62 城陽(大阪)
12 北田健太朗 3 右右 171 63 北池田(大阪)
13 住田智稀 3 右右 172 60 久米田(大阪)
14 馬場椋太郎 3 右右 164 68 四條畷(大阪)
15 林 拓茉 3 右右 170 68 門真はすはな(大阪)
16 谷口哲也 3 右左 174 68 新東淀(大阪)
17 上田穣一朗 3 右左 171 73 長尾(福岡)
18 山下稜平 3 左左 178 73 浜寺南(大阪)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

打倒開星を掲げた1年。

夏10度の出場を誇る開星には、昨夏の島根県大会の決勝で敗れ、続く秋の県大会で準決勝で敗れました。

さらに今春の県大会1回戦では、0対4の完封負け。

安打数は多いが得点が少ないという課題を克服するため、犠打の練習を重ねるなど攻撃のバリエーションを増やし臨んだ今夏大会。

チーム打率.346の打線は5試合で計8度、1イニング4点以上を奪取するチームと進化。

そして3回戦で宿敵開星と激突、見事8-5と勝利します。

ノーシードとはいえ、前評判の高かった益田東が確かな実力を発揮し39校の頂点に立ちました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言ってもノーシードから勝ち上がってきたチームの原動力となった主軸の稲林隼人選手です。

広角に本塁打が打て、決勝戦でも先制となる本塁打を放ちました。

部員が140人近い益田東で、1年からレギュラーとして活躍。

中軸も任され「思いっきりスイングできる」ことが楽しかったといいます。

しかし1年時は、準々決勝で出雲に終始リードしながら、九回裏にサヨナラ負け。

昨年は決勝まで進みながら、開星に甲子園の切符を持って行かれ、この2年、あと一歩の悔しさを思い知らされてきたということです。

自分勝手なプレーはしないと昨秋から心がけて試合に臨むようになり、「犠打やフォアボールでも出塁し、しっかり流れをつくって1点ずつ」といいます。

練習では、最も多くの労力を犠打に費やし、時に悩みながら、必死に努力してきた2年半の結果、長打力を備えながらつなぐ打撃もできる4番に進化していました。

「先輩方や、ベンチ入りできなかった仲間がいて、今、自分たちはここにいる。甲子園では自分たちの野球をして、1勝をつかみとりたい」と甲子園に向けて意気込みを語っていました。

まとめ!

優勝の原動力となったもう一つに、大庭敏文監督が「 日頃から、甲子園でプレーしていると思って練習してほしい」と4、5年前か命名した「甲子園坂」の存在がありました。

練習グラウンドへ続く傾斜の急な坂「甲子園坂」があり、この坂で選手達は走力を鍛えてきたということです。

本場甲子園でも、この走力を活かして益田東高校がどういった戦いを見せてくれるのか非常に楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください