スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

近大付属高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/02

近大付属高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権南大阪大会決勝は、近大附が大商大堺を2-0で破り10年振り、5度目の甲子園出場を決めました。

監督:藤本博国 48歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 大石晨慈 3 左左 180 85 藤井寺第三
2 西川勇太 3 右右 173 72 平群(奈良)
3 高倉龍侑 3 左左 179 94 大正
4 川瀬剛志 3 右右 178 70 大阪西
5 山本大輝 3 右右 174 77 日新(兵庫)
6 道正陸人 3 右右 176 73 南郷
7 大沢駿介 3 右右 173 71 長坂(兵庫)
8 ★花田大晟 3 左左 180 75 加太(和歌山)
9 山中一輝 3 左左 180 82 木津
10 藤野竜馬 3 右右 185 80 猪名川(兵庫)
11 前岡武希 2 左左 173 71 木津南(京都)
12 梅元直哉 2 右右 177 77 京西(奈良)
13 西山 翔 3 右右 163 73 上南部(和歌山)
14 南壮一朗 3 右左 172 64 香芝西(奈良)
15 阿田木健介 2 右左 168 66 貴志(和歌山)
16 冨山 樹 3 右右 169 74 高城(和歌山)
17 木村準人 2 左左 185 83 平野北
18 田川大智 3 右右 171 78 松原第三

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

昨夏の府大会の初戦で敗れ、まず取り組んだのがフィジカルの強化でした。

8割の部員が生活する寮で朝500グラム、夜900グラム、寝る前に400グラムの白米を平らげ、増量に努めてきました。

昨夏は練習試合をする期間が長かったことで、暑さに強い体力がつき、今夏の酷暑にも耐えられました。

日頃から蓄えたパワーを発揮し、昨夏、一昨夏の府大会では初戦敗退でしたが、今夏は晴れて南大阪の頂点に立ちました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、南大阪大会優勝の立役者の1人、プロ注目のエース・大石晨慈選手です。

最速141kmを誇る左腕。球速表示以上のキレのあるストレートとスライダーが武器。

羽曳野ボーイズ(中学)時代、ジャイアンツカップ優勝するなど、多大な実績を収めました。

1年夏大阪大会から背番号1でベンチ入り。

2回戦(初戦)上宮高戦で夏デビューを果たすも4.2回5失点と振るわず、チームも5対10で20年ぶりの初戦敗退。

夏は2年連続で初戦負けを喫するなど、結果を残せない状態で1年、2年と来て新チームとなります。

そこでチームメイトから厳しく言われたことをキッカケに練習の姿勢から変えていこうと決意しました。

普段のピッチングから常に厳しい状況を想定して投げ込み、またウエイトやランニングも厳しく目的意識を持って取り組んだということです。

その結果、今夏大会準決勝・大体大浪商戦で12K完投勝利を収めています。

さらに決勝・大商大堺戦では「相手は振ってくる打線。今日は打たせて取ることを意識した」との言葉通り、何度も得点圏に走者を背負いましたが、決定打を許さず、味方が初回に挙げた2点を、8安打されながらも無失点の快投で優勝に大きく貢献しました。

藤本監督も「今年は何とかしたかった。勝ててほっとした」と感無量の様子でした。

まとめ!

昨秋は大阪大会準決勝、さらに近畿大会準々決勝で大阪桐蔭に連続でコールド負けをしています。

大石選手は「負けたままでは終われません。目標は全国制覇」と大阪桐蔭との再戦を熱望していました。

最高の舞台、甲子園でリベンジを果たせるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください