スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

星稜高校野球部2018夏!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/03

星稜高校野球部2018夏!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権石川県大会決勝は、星稜が初優勝を狙った金沢学院を22-0で退け、2年ぶり19回目の優勝を決めました。

監督:林和成 42歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 奥川恭伸 2 右右 182 81 宇ノ気
2 山瀬慎之助 2 右右 176 83 宇ノ気
3 河井陽紀 3 右右 175 77 星稜
4 山本伊織 2 右両 172 67 高津(神奈川)
5 南保良太郎 3 右左 175 74 星稜
6 内山壮真 1 右右 172 72 星稜
7 東海林航介 2 右左 180 72 星稜
8 鯰田啓介 3 左左 171 70 宝達
9 ★竹谷里央 3 右左 173 79 松陽
10 山口来聖 3 左左 174 75 兼六
11 寺沢孝多 2 左左 174 68 星稜
12 西岡秀太 3 右右 177 77 氷見北部
13 佐々井光希 3 右右 168 69 ゆりのき台(兵庫)
14 平野慎太郎 3 右右 174 77 野田
15 国本憲辰 3 右右 178 82 洛南(京都)
16 佐藤海心 3 右左 174 67 久々野(岐阜)
17 岡田大響 2 左左 178 76 星稜
18 寺西成騎 1 右右 185 75 根上

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

投手陣は2回戦から決勝までの全5試合合計37イニングを無失点。

決勝は4,5番で計7発、3度のアベック弾を放つなど先発全員安打の22得点で最多得点記録を樹立。

記録づくしとなったチームに対して、史上最強と言われています。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、スーパー1年生の内山壮真選手です。

小3年で野球を始め、星稜中では2年途中まで遊撃手、その後は捕手として活躍。

星稜中では2016年夏と2017年春に全日本少年軟式大会で日本一となります。

侍ジャパンでは、捕手としてU―15アジア選手権優勝に貢献。

アジア選手権で、本塁打王とベストナインにも輝いています。

星稜高校入学早々にセンバツ8強チームのレギュラーに抜てきされ、春季高校野球石川県大会2回戦に先発出場。

高校初打席の初球で初安打を記録を記録。

今夏大会は3番・遊撃で出場し全5試合でスタメン出場を果たし、優勝に大きく貢献しました。

内山選手のプレーを見た評論家は

「彼のプレーを見て、ひっくり返るぐらい驚いた。170センチに満たない身長ながら、守れて、走れて、ちょっとでも甘く入れば軽々とフェンスの向こうまで飛ばしてみせる一昨年、昨年と24本塁打を放ったメジャー屈指のハードパンチャー、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)だ。」

「この先、どんなプレーヤーになるのかを想像するだけでもワクワクする。甲子園100回大会の夏、どんでもない選手が現れたことだけは間違いない。」

と絶賛していました。

林監督も「バッティングは雰囲気があり、自分の間合いを持っている。守備も安定している」と評価しています。

ちなみに内山選手は父親の影響で2歳から空手を習っており、小学校時代には富山県大会を4度制覇していました。

小学5年からは野球に専念し「甲子園優勝」を果たすため、星稜に進学したということです。

まとめ!

星稜高校は内山選手はじめ、石川大会で1試合大会新となる4本塁打を放った竹谷理央選手。

それに続く3発の本塁打を決めた南保良太郎選手と、プロ注目のスラッガーが2人おり、優勝候補筆頭にあげられています。

甲子園ではどういった戦いを見せてくれのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください