スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

慶応高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/04

慶応高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権北神奈川大会決勝は、慶応が桐光学園を7-5で下して優勝し、10年ぶり18度目の夏の甲子園出場を決めました。

監督:森林貴彦 45歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 生井惇己 3 左左 175 68 千代川(茨城)
2 善波力 2 右右 168 73 城山
3 廣瀬隆太 2 右右 180 78 慶應義塾普通部
4 奥村拓馬 3 右右 177 78 駒留(東京)
5 ★下山悠介 3 右左 176 74 打瀬(千葉)
6 宮尾 将 3 右左 169 64 法政大学第二
7 大川裕也 3 右左 166 64 清新第二(東京)
8 根岸辰昇 3 左左 179 83 慶應義塾(東京)
9 石田新之介 3 右右 181 84 慶應義塾(東京)
10 渡部淳一 3 左左 179 75 東深沢(東京)
11 大島光貴 3 右左 174 75 常盤(東京)
12 内藤友喜 3 右右 178 72 慶應義塾普通部
13 吉川海斗 2 左左 177 69 富勢(千葉)
14 杉岡壮将 2 右左 168 66 宮崎
15 田口義将 2 右右 176 68 北川辺(埼玉)
16 田邊慎之 3 右左 168 67
17 関 展里 2 右右 181 82 栄(北海道)
18 斎藤 俊 2 右右 175 68 西葛西(東京)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

2008年の第90回記念大会以来、10年ぶりの出場となる慶應義塾。

9年ぶり出場となった今春センバツでは、初戦で彦根東に敗退。

打線の迫力不足を痛感。そのため、春以降はマシン打撃を中心に打線の強化に本格的に取り組み、どんな球速にも負けないパワーを身に着けてきました。

その成果が出た今夏大会、チーム打率.379、6試合で53得点と生まれ変わり、強豪ぞろいの北神奈川大会を勝ち上がってきました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、北神奈川大会優勝の立役者となったエースの生井惇己選手です。

最速143キロの切れの良い直球とスライダー、チェンジアップを武器に強豪校が揃う激戦区での力投は圧巻の一言。

特に準決勝・東海大相模とのセンバツ出場校対決では、9回途中まで東海大相模打線に12安打を浴びながらも4点に抑え、プロ注目の森下翔太選手に対しても積極的なインコース攻めで1安打に抑えました。

森林貴彦監督も「いつもスタミナ切れしていた。終盤良くなる投球は初めてだと思う」と褒めています。

生井選手は、ここまで来るには、悔しい思い出の方が多い高校野球生活だったといいます。

1年秋からベンチ入り。

2年秋の新チームでエースの座を掴み取り、防御率2.15の活躍で関東ベスト4まで勝ち進みます。

昨年秋の関東大会1回戦・拓大紅陵戦で5回1失点と試合を作り、準々決・国栃戦で3対2完投勝利を挙げ選抜出場の原動力となりました。

しかし関東大会では腰椎分離症を発症。

冬には右脇腹を痛め、その後、左太もも裏の肉離れも経験しました。

選抜は万全の状態で迎えることができず、彦根東(滋賀)に痛打を浴び、初戦敗退。

選抜後の県大会では桐光学園に敗れ、自身も痛打を浴び「自分のせいで負けてきた」と悔しい思いをしました。

その分、夏にかける思いが強くなり、感じていたスタミナ不足を克服するため、投げ込む球数も多いときで1日100球程度に増やしました。

その結果、140キロ超を誇る球速を初回から最終回まで保てるようになったということです。

そして北神奈川大会は並み居る強豪に対しても、圧巻の投球でチームの勝利に貢献。

「お世話になった方々へ、少しは恩返しができたと思います。甲子園では勝って笑いたい。」と甲子園に向けて意気込みを語っていました。

まとめ!

森林貴彦監督は「北神奈川の全チームの思いを背負ってプレーしたい」と抱負を述べています。

この熱い気持ちで臨む甲子園では、一体どういった戦いを見せてくれのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください