スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

中越高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/05

中越高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権新潟県大会決勝は、中越高校が60年ぶりに決勝に進んだ新発田高校を10-1で破り、2年ぶり11回目の夏の甲子園への出場を決めました。

監督:本田仁哉 41歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 山本雅樹 3 右右 176 83 直江津
2 ★小鷹 葵 3 右左 171 80
3 安達大和 3 右右 177 77 片貝
4 広瀬航大 1 右左 176 66 分水
5 品田悠太 3 右左 169 72 柏崎・松浜
6 坂井翔太 3 右右 174 71 紫雲寺
7 長岡真男 3 右右 172 66 分水
8 小出颯太 3 右左 175 72 小千谷
9 山田叶夢 3 左左 173 76 荒川
10 広川俊也 3 右右 175 65 長岡西
11 小林洸誠 2 右右 171 66 柿崎
12 本間勘亮 3 右右 174 83 堤岡
13 石井太朗 3 右左 173 82 聖籠
14 川島悠弥 3 右左 171 67 江陽
15 高野海輝 3 右右 167 70 青葉台
16 佐藤旦有夢 1 右右 179 75 両川
17 須田翼太 3 左左 164 56 堀之内
18 佐藤雅之 2 左左 171 64 長岡西

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

新潟大会は第1シードの日本文理が4回戦、第2シードの関根学園が初戦で早々と姿を消す中、第3シード・中越高校が実力を発揮した形となりました。

夏11回目の出場で、新潟県最多となる中越高校は、6試合で56得点を奪った強力打線が魅力です。

 

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、チームをけん引しています強肩、強打の坂井翔太選手です。

50m走6秒台前半の走・攻・守3拍子揃ったプロ注目のショートです。

また最速140キロ超の投手としても才能を持っています。

1年秋の3回戦からレギュラーを張ってきた中心選手で、2年春から3番打者としてチームを支え、以降3季続けて県大会準優勝を達成。

夏の新潟予選6試合で11安打4長打を放ち、打率.407、0本塁打10打点の好成績を残し、決勝は4番の兄琢真選手と3、4番コンビを組んで臨んだ日本文理戦、奇しくも4-6で敗退と悔しい結果に終わりました。

この敗戦から今まで以上に、真剣な姿勢で練習に取り組み、ノックを受け始めた時は真っ白だった練習ユニホームは打撃練習に移る時には土まみれと手抜きを一切しない坂井選手に対して、本田監督も「私がここで指導してきた中では一番の野手。スイング、打球の速さ。守備の動き、肩。走塁。高校生として一級品」とまで言い切っていました。

今春の4回戦・村上桜ケ丘戦では1試合2本塁打を放つなど爆発すると手がつけられず、予選6戦で7長打を記録し、スカウトからも注目される存在へと浮上。

その後も好調を維持し続け、6月に行われた招待試合では花咲徳栄と対戦し、プロ注目の野村佑希投手から先制の左越えソロ弾を放っています。

そして臨んだ今夏大会、打率.417本1点11の活躍で2年ぶり11度めとなる新潟大会Vを達成の原動力となりました。

坂井選手は「100回の記念大会に出場するのは中越しかない。その甲子園で勝つことが使命だと思っている」と甲子園に向けて意気込みを語っています。

まとめ!

小鷹主将は「(県大会で負けていった)ほかの高校の仲間たちの思いを背負って、堂々とプレーします。粘り強く、集中した中越の野球をする」とコメントしています。

この熱い気持ちで挑む甲子園では、一体どういった戦いを見せてくれのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください