スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

作新学院高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/05

作新学院高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権栃木県大会決勝は、作新学院が白鴎大足利を2-0で破り8年連続14度目の夏の甲子園出場を決めました。

監督:小針崇宏 35歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 高山陽成 3 右右 176 67 西那須野
2 ★磯 一輝 3 右右 176 68 明治
3 沖 龍 3 右右 178 70 南犬飼
4 小林龍憲 3 右左 164 56 清原
5 篠田大輔 3 右左 167 66 小山城南
6 石井 巧 2 右右 178 70 小川
7 斉藤陸人 3 右左 173 70 西那須野
8 福田真夢 2 右右 175 70
9 小林祐輝 3 右左 175 70 清原
10 佐取達也 3 左左 174 70 佐野南
11 林 勇成 2 右左 175 75 北犬飼
12 立石 翔 2 右右 178 78 足利北
13 東海林輝 3 右右 170 64 小川
14 田中 碧 3 右右 169 68 清原
15 松尾 翼 2 右右 160 64
16 小田桐大 3 右右 170 70 陽南
17 横山陽樹 1 右右 177 75 河内
18 宇賀神 暁 2 右右 180 74 星が丘

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

強豪校にしては珍しく、ベンチ入りメンバーが栃木県出身です。

栃木県大会では5試合で初回に先制点を奪い、夏大会では通算48連勝と圧倒的な強さで8連覇を達成。

小針監督は「練習試合では初回になかなか先制できませんでしたが、高校生は変わる。この1ヶ月で本当に成長してくれた」と甲子園での戦いに向けて手応えを感じていました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、作新8連覇の重圧を力に変えた強力打線をまとめています主将の磯一輝選手です。

アマチュア球界のトップでプレーした父貞之さんに憧れ、野球を始めました。

その父親というのが、社会人野球の名門、日産自動車硬式野球部の投手として1998年に都市対抗優勝を経験。
ファンからは栄光の青いユニフォームとして語り継がれています。

また大学時代(青森大)、日米大学野球選手権オールジャパンに選出され、チームメイトには井口資仁(現千葉ロッテマリーンズ監督)、小久保裕紀(前侍ジャパン監督)、稲葉篤紀(現侍ジャパン監督)というそうそうたるメンバーでした。

ですから如何に磯一輝選手の父親が偉大だったかわかりますね。

その父親からは投手が投げやすい環境づくりの助言や捕球の仕方、配球などの英才教育を受けてきました。

常勝作新学院に進学後は、1年秋にベンチ入りを果たします。

当時は「まだ野球が全然分かっていません」と謙虚なコメントしていました。

周囲から「優勝して当然」と言われる常勝チームの主将として昨秋からチームをまとめていましたが、秋の関東大会・準々決勝の東海大相模戦で1-12の5回コールド負け喫し、選手たちはチームの実力不足を思い知りました。

磯選手はじめ選手達の危機感から、「このままでは甲子園は遠い」とグラウンドのスコアボードにこの試合のスコアを貼り付け、自分たちに何が足りないのかを問い続けながら、チーム力の向上を図ってきました。

力不足を猛練習で克服し臨んだ今夏大会、1回戦の那須清峰戦、3回戦の鹿沼戦は2桁の大量得点でコールド勝ち。

準々決勝・佐野日大戦では相手のエース田嶋俊輔選手から磯一輝選手、斎藤陸人選手、篠田大輔選手が本塁打を放ち、13得点で圧倒します。

準決勝の宇都宮工戦では打線が小林陽心選手の低めの制球に苦しみましたが、同点の九回裏、石井巧選手が本塁打を放ってサヨナラ勝ちと、一発で試合を決められる作新打線の勝負強さを見せつけました。

決勝・白鴎大足利戦、初回に先頭の福田真夢選手が中前打で出塁。

二盗と敵失で1死三塁とし、3番斎藤陸人選手の中前適時二塁打で1点、2死三塁から5番沖龍選手の左前適時打で2点目を挙げ、勝負強さを発揮。

投げては林勇成選手が、切れのある変化球を武器に8回を5安打無失点と好投し、見事8連覇を達成。

また守備も大会序盤こそミスが多かったですが、準々決勝以降は1失策と、伝統の厳しい守備練習の成果を発揮していました。

さらに、選手たちは栃木大会閉会の翌々日から練習を再開。甲子園開幕まで、さらなるチーム力の底上げに努めてきました。

磯選手は「2年前に優勝した … 自分たちが今までやってきたことを信じて、 自分たちの野球を甲子園球場でもしっかりやっていきたい」と意気込みを語っていました。

まとめ!

小針監督は「普段から大阪桐蔭のセンバツなどの映像を見ている。対戦が決まったから分析をするのではなく、普段から『大阪桐蔭を倒さないと日本一はない』と話してきた」ということで、初戦の大阪桐蔭戦では一体どういった戦いを見せてくれのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください