スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

北照高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/05

北照高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権南北海道大会決勝は、北照が駒大苫小牧を15-2で降し、5年ぶり4回目の優勝を決めました。

監督:上林弘樹 39歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 原田桂吾 3 左左 172 69 西陵
2 ★三浦 響 3 右左 172 70 あやめ野
3 玉置辰伍 3 右右 177 78 大正東(大阪)
4 中谷彪真 3 右右 168 75 三笠
5 掛谷和紀 3 右左 160 71 友呂岐(大阪)
6 田村 崚 3 右右 173 75 白石
7 岡崎翔太 3 右右 176 87 湯川
8 源 大輝 3 右左 167 70 久米田(大阪)
9 中山竜之介 3 右右 175 80 松ヶ枝
10 福原涼太 3 右右 183 75 松ヶ枝
11 中田駿介 3 左左 181 79 太平
12 笠井渓人 3 右右 169 76 蘭越
13 前川頼生 3 右左 170 80 大淀(大阪)
14 伊藤 陸 2 右左 167 56 潮見台
15 福田卓真 3 右右 167 56 北広島東部
16 富樫大生 3 右右 166 64 由仁
17 坂田 涼 3 右右 169 75 白石
18 三和立峰 3 右左 171 74 弘前南(青森)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

北照高校は、チーム打率.323の強力打線と、防御率1.75と抜群の安定感で、春季北海道大会優勝の札幌第一、準優勝の札幌日大、今春センバツに出場した駒大苫小牧を倒しての5年ぶり復活劇を果たしました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、南北海道大会優勝の立役者の1人、エースの原田桂吾選手です。

左のサイドハンドで、キレの良い138キロの速球が武器。

右バッターに対してクロスファイアの球で、左バッターにはスライダーで三振を奪う投球をします。

2年秋に背番号11で初のベンチ入り。

昨春、上林弘樹監督からのアドバイスでフォーム改造に着手しました。

上手投げからサイドスローに変更当初、体重移動に苦労し、「昨秋の全道ではバランスを崩してマウンドで転びました」というほどでした。

サウスポーで似たタイプの日本ハム宮西選手の投球動作を動画で研究。

オフの2、3月は、毎日100球近くを投げ込み、多い日は200球に達していました。

「球に勢いが出たし、コントロールも安定しました」と成果を感じ、春季大会ではインステップから最速138キロの直球で右打者の内角をえぐり、左打者にはスライダーで空を切らせるクロスファイアがさく裂。

チームを10年連続34度目の春季全道大会進出へ導く活躍をしました。

さらに制球に磨きをかけ、体力も向上し臨んだ今夏大会。

決勝の駒大苫小牧戦では、鋭い眼光でミットをにらみ、9回5安打5奪三振2失点と好投。

4戦連続完投で、計513球を一人で投げ抜き、エースの役割を全うしました。

ちなみに原田選手は1年冬からは3連覇中の「30秒でできる」「ルービックキューブ王者」の顔を持っています。

北照では年に2度、校内でルービックキューブ大会が開かれます。

トーナメント方式で、2人が並んで座り、タイムを競い勝敗を決めて行きます。

原田選手が初出場した1年夏は1分30秒を要し決勝で敗れましたが、暇な時に触っているうちに脳力がアップ。
「今は30秒あればできる。もう負けることはない」ということでした。

ルービックキューブは集中力強化にはもってこいと言われています。

ルービックキューブも原田選手の進化に一躍買っているということですね。

まとめ!

北照高校は夏未勝利で「一体感を持って戦い長い夏にしたい」と上林弘樹監督は抱負を述べています。

甲子園では一体どういった戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください