スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

佐久長聖高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/06

佐久長聖高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権長野県大会決勝は、佐久長聖が上田西に4-3で競り勝って2年ぶり8回目の夏の甲子園出場を決めました。

監督:藤原弘介 43歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 林 虹太 3 右右 175 75 佐久長聖
2 小山 忍 3 右右 183 91 佐久長聖
3 上神雄三 3 左左 177 77 緑台(兵庫)
4 堀北健人 3 右右 172 70 松原第七(大阪)
5 西藤慶人 3 右左 172 89 東御市東部
6 上田勇斗 3 右右 176 68 谷川(大阪)
7 樋口塁大 3 右左 178 73 玉手(大阪)
8 ★真銅龍平 3 左左 170 71 誉田(大阪)
9 齋藤眞乃輔 3 左左 165 72 枚岡(大阪)
10 小嶋大晟 3 右右 166 68 本宿(神奈川)
11 和田拓巳 3 右右 186 76 村岡(神奈川)
12 鈴木大河 3 右右 175 84 今宿(神奈川)
13 上原怜央 3 左左 171 68 臼田
14 大池祐斗 3 右左 167 65 長野北部
15 金尚 謙 3 右右 172 72 御市東部
16 有木龍生 2 右右 170 63 高鷲南(大阪)
17 藤原太郎 1 右左 172 69 大瀬(奈良)
18 北畑玲央 2 右右 172 65 平城(奈良)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

昨夏の長野大会決勝で敗れた悔しさを知るナインが、優勝候補筆頭の重圧をはねのけ、2年ぶりに頂点にたちました。

上位から下位まで切れ目のない打線が完成。

強力打線ではありますが、送る場面では得点圏に送り、一打で返すパターン。

センター方向を中心にした基本に忠実な打撃を徹底しています。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、長野県大会優勝の立役者の1人、エースの林虹太選手です。

下半身が安定し、力が腕に伝わるフォームから繰り出される球速142キロのストレートが魅力で安定感抜群の投球スタイルです。

2歳上の兄が同校OBで2年前の甲子園に出場しています。

佐久長聖中学時代は、捕手兼投手で全日本北信越準優勝し、 3番・主将として学童全国大会出場をしていました。

1年秋からベンチ入りし、秋季大会地区予選に先発出場しますが、上田西に0-14の5回コールドの屈辱的敗退となりました。

その後、制球力に磨きをかけ昨年秋季県大会決勝、北信越大会と試合ごとに安定感が増していきますが、打線の援護がなく敗退。

そして迎えた今夏大会、抜群の安定感で準々決勝、準決勝、決勝を一人で投げ抜き、「尻上がりに調子を上げるタイプ」という自己評価を証明するように、終盤も140キロを上回る直球を主体に緩急を生かし、「三振で終わらせようと決めていた」と最後の打者を外角低めの変化球で空振り三振に仕留めました。

相手打線を3点に抑え、思い描いた通りの結末に、両腕を掲げて歓喜のガッツポーズ。

まさに不動のエース、優勝の原動力となりました。

「甲子園は勝つことが最優先。最少失点に抑えたい」と意気込みを語っています。

まとめ!

佐久長聖は、林選手はじめ安定感のある投手陣に加え、上位から下位まで切れ目のない強力打線を擁し、全6試合のうち4試合をコールドで勝ち上がり、7年連続で駒を進めた決勝でも打線が勝負強さを発揮しています。

甲子園では一体どういった戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください