スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

近江高校野球部2018夏!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/07

近江高校野球部2018夏!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権滋賀県大会決勝は近江高校が綾羽高校に8-4で勝利し、2年ぶり13回目の甲子園出場を決めました。

監督:高島 仁 72歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 金城登耶 3 左左 173 67 栗東西
2 有馬 諒 2 右右 180 75 平城(奈良)
3 山田竜明 3 右右 172 79 瀬田北
4 ★中尾雄斗 3 右左 171 63 大泉(大阪)
5 北村恵吾 3 右右 182 83 大垣北(岐阜)
6 家田陸翔 3 右左 175 70 城山
7 住谷湧也 2 左左 169 67 栗東西
8 木村龍之介 3 右両 175 79 甲南
9 瀬川将季 3 右左 172 69 松原第三(大阪)
10 佐合大輔 3 右左 179 75 東陽(大阪)
11 松岡裕樹 3 右左 175 72 志賀
12 川村奎太郎 3 右左 170 76 安土
13 金田大聖 3 左左 179 84 甲良
14 高島恵人 3 右右 177 68 旭(大阪)
15 見市智哉 2 右右 168 66 城山
16 土田龍空 1 右左 177 70 米原
17 浅野太輝 2 右左 178 70 守山南
18 林 優樹 2 左左 170 60 向島(京都)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

打力を磨いてきた近江高校。

打線は上位から下位まで切れ目が無く、2回戦、3回戦を5回コールドで勝利。

大会5試合で計48得点と他校を圧倒して勝ち上がってきました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、滋賀大会優勝の立役者の1人、エースの金城登耶選手です。

肩の強さと俊足と高い身体能力から繰り出されるダイナミックなフォームからキレの良いスライダーを投げ、チェンジアップとテンポの良さで勝負をするサウスポー。

1年秋から背番号1を背負ってきました。

近畿大会の初戦の神戸国際大付戦。2番手としてマウンドに登ったものの、相手の勢いを止めることができず3回1/3を投げ、2失点でチームもコールドで敗れました。

自身が痛感したのは技術以前に独特の空気に飲まれた弱い自分だったということです。

以降、金城選手ははブルペンに立つ際は常に緊張感を持って投げるようにしているといいます。

しかし今春選抜に出場した3回戦。

近江高校は延長十回2死走者なしから星稜高校にサヨナラ負け。

登板した金城選手は、延長十回2死一塁で奥川選手に許した一打に「追い込みながら失投した。最後に自分の甘さが出た」とまたもや自分の弱さを口にしていました。

この敗戦からさらに投球に磨きをかけ、臨んだ今夏大会。

決勝・綾羽戦では、金城選手はじめ、林優樹選手、佐合大輔選手の各投手が計17奪三振と好投し、綾羽高校の反撃を許さず優勝をものにしています。

「春に負けて終わった甲子園でリベンジしたい」と意気込みを語っています。

まとめ!

近江高校は甲子園8強以上を掲げています。

悲願の8強以上進出に向けて、甲子園では一体どういった戦いを見せてくれのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください