スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

前橋育英高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/07

前橋育英高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権群馬県大会決勝は、前橋育英が健大高崎に6-5で勝利し、3年連続4回目の甲子園出場を決めました。

監督:荒井 直樹 53歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 恩田慧吾 3 右右 172 60 東吾妻
2 小池悠平 3 右右 176 74 川内
3 橋本健汰 3 右右 180 77 館林第四
4 笹沢大和 3 右右 176 71 新町
5 柳沢大和 3 右右 182 77 赤城南
6 ★北原 翔 3 右右 178 65 榛東
7 梅沢修二 3 右右 175 74 並榎
8 久保昌大 3 右右 178 74 木瀬
9 丸山大河 2 右左 168 57 高松
10 石塚弘貴 3 左左 165 55 富岡東
11 梶塚彪雅 2 右右 175 68 殖蓮
12 須永武志 1 右右 175 68 あずま
13 石田大夢 3 右左 177 76 南八幡
14 剣持京右 2 右左 173 72 伊勢崎四
15 森脇真聡 2 右左 178 72 狭山市中央(埼玉)
16 川原大和 2 右右 176 64 高松
17 竹内純也 3 右左 181 73 吉岡
18 上原隆之介 3 右左 176 65 中之条

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

群馬大会の決勝は3年連続同一カードでした。

昨秋と今春の県覇者で因縁のライバル、健大高崎をサヨナラで倒し、3年連続の甲子園出場のキップを掴んだ前橋育英。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、群馬大会優勝の立役者の1人、エースの恩田慧吾選手です。

元内野手からエースを勝ち取った恩田選手は、スピンの効いたストレートが最大の魅力。

小柄ですが最速145キロを記録する勢いのある球を投げます。

また「恩田で打たれるなら仕方ない」とチームメイトから絶大信頼を寄せられているのも魅力でした。

今年のチームの下馬評は決して高くありませんでした。

昨秋はベスト8止まり、今春も準決勝で健大高崎に2-7で敗退。

夏の甲子園出場に危機感が走りますが、キャッチボールから1球1球甲子園に思いを込めて練習に励みます。
地道な努力を我慢強くおこなって臨んだ今夏大会。

1回戦の藤岡工戦では7回1失点で毎回の9奪三振。

打っては1回に同点の適時打を放ち、9回にもダメ押しの犠飛を放つなど投打で勝利に貢献しました。

決勝戦も先発メンバーが通算200本塁打を超える健大高崎打線に、最後まで一発を許ず、味方の拙守なども絡み5失点ながら、粘りのピッチングで勝利に貢献しました。

「今までいろんなピッチャーを見てきましたが、運動能力の高さもさることながら、恩田は気持ちが本当に強いピッチャー。でも、それもすべて日頃の取り組みがしっかりしているから。だから、みんなも彼を信頼しているんです」と荒井監督も目を細めていました。

まとめ!

群馬大会でみせた「我慢強さ」「粘り強さ」を信条に、甲子園では一体どういった戦いを見せてくれのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください