スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

常葉大菊川高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/07

常葉大菊川高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権静岡県大会決勝は、常葉大菊川が島田商業を6-5で破り、2年ぶり6回目の甲子園出場を決めました。

監督:高橋 利和 32歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 漢人友也 3 右左 180 62 桜が丘
2 根来龍真 3 右左 171 65 掛川東
3 鈴木琳央 3 右右 180 74 袋井
4 東 虎之介 3 右左 163 62 高台
5 海瀬隼兵 3 右左 175 64 吉田
6 ★奈良間大己 3 右右 172 66 菊川西
7 神谷亮良 3 右左 173 68 安城西(愛知)
8 榛村大吾 3 左左 174 67 城東
9 柳沼一葉 2 左左 173 64 箕面第四(大阪)
10 伊藤勝仁 2 右右 176 69 白須賀
11 松本 宰 3 右右 172 59 掛川東
12 大杉怜央 3 右右 176 78 長泉
13 田原綾将 3 右右 158 61 門真はすはな(大阪)
14 宮崎泰地 3 右左 167 60
15 小倉啓人 3 右右 180 73 東海大翔洋
16 竹内智哉 3 右右 171 55 岳洋
17 衣笠 仁 3 右右 167 62 豊中第十二(大阪)
18 岡田竜汰 3 右右 172 75 曳馬

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

静岡県大会準決勝まで5試合のうち3試合が完封勝利。

決勝こそ古豪島田商業の粘りに苦しんだものの、同点に追いつかれた直後の9回裏、2番東選手の劇的なサヨナラ打で2年ぶりの代表権をつかみました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、静岡大会優勝の立役者の1人、奈良間大己主将の選手です。

夏の県大会前前では、打撃不調で悩んでいましたが、「大会に入ってからリラックスしてプレーできた。打てたのはたまたまです。」ということでした。

その奈良間選手は静岡大会で19打数17安打、打率.818を記録し、静岡大会の出場選手の中で最も高い打率を残していました。

ヒットだけではなく、先頭打者ホームランも打ったほか、準決勝でもホームランを放ち、パンチ力もあります。

さらに守備でもショートを守り、投手として投げていたこともあるため、強肩遊撃手として注目されています。

恐怖の1番バッターが大会で大暴れを見せそうですね。

ちなみに奈良間選手を筆頭に、5番まで打率は3割を超えています。

2番東選手は決勝打を含め、チームでサヨナラ打を3回放っているラッキーボーイとなっています。

3番鈴木選手は高校通算22本塁打のパンチ力の持ち主です。

さらに下位打線もしぶとく、決勝では1店を追う7回に7番柳沼選手が同点打を放ち、9回は9番神谷選手が二死からつなぎ、サヨナラの御膳立をしました。

「どこからでも点を取れる打線になった。甲子園でも自分たちらしい野球を見せられるように頑張りたい」と奈良間選手が意気込みを語っています。

まとめ!

2007年選抜優勝、2008年夏は準優勝と、甲子園を圧巻した「フルスイング打線」が今大会でも再現されるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください