スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

金足農業高校野球部野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/07

金足農業高校野球部野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権秋田県大会決勝は、金足農が明桜に2-0で勝利し、11年ぶり6回目の甲子園出場を決めました。

監督:中泉 一豊 45歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 吉田輝星 3 右右 176 81 天王
2 菊地亮太 3 右右 172 73 羽城
3 高橋佑輔 3 右右 178 77 勝平
4 菅原天空 3 右左 175 69 羽城
5 打川和輝 3 右右 185 90 泉中
6 斎藤璃玖 3 右左 175 67 井川中
7 ★佐々木大夢 3 右右 171 73 河辺
8 大友朝陽 3 右右 174 72
9 菊地彪吾 3 右右 180 77 山王
10 関 悠人 2 右右 168 65 秋田南
11 嶋崎響己 2 右左 178 74 雄和
12 沢石和也 2 右右 177 71
13 小松雅弥 2 右右 177 76 泉中
14 佐々木大和 2 右右 162 65 御野場
15 菅原 大 2 右右 171 64 羽城
16 工藤来夢 2 右右 172 73 土崎中
17 船木 弦 2 右右 168 64 秋田東
18 池田 翔 2 右右 179 73 御野場

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

金足農が夏の甲子園に初出場したのは1984年です。

1回戦で名門広島商業を下すとその後も快進撃は止まらず準決勝に進出。

相手は王者PL学園で2年生の桑田真澄氏や清原和博氏の「KKコンビ」の時代でした。

結果的には桑田氏の逆転2ランの2-3で敗戦。

王者を追い詰めた金足ナインは甲子園でインパクトを残し、今でも語り継がれています。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、秋田大会優勝の立役者の1人、エース吉田輝星選手です。

最速150キロの直球を武器とする「東北ナンバー1右腕」。

スライダー、カーブ、スプリット、ツーシーム織り交ぜながら勝負するスタイルに桑田2世とも言われています。

中学3年夏に県大会4強の実績を残し、金足農業では1年夏から控え投手としてベンチ入りします。

入学当初は128キロしか出ませんでが、1年の夏合宿の走り込みで徹底的に追い込み、夏大会では早くも140キロを計測しました。

1年秋の新チームからエースとしてチームを支え、2年夏に10年ぶりとなる県決勝進出を果たしました。

6戦中5試合の先発を務め、37.2回を34K9失点に抑える力投を披露。

144キロ腕として一躍注目されましたが、明桜に5.2回5失点KO、1対5で敗れ惜しくも準優勝に終わりました。

秋の県大会では準々決勝で角館に敗戦。

そのため冬場は雪上でのポール間走などでスタミナをつけ、下半身を強化しました。

下半身強化によりボールの伸びも増し、球威、球速も上がり進化した姿で臨んだ今夏大会。

いきなり初戦で150キロをマークします。

そして決勝戦、連覇をねらった明桜相手に被安打4、11奪三振と圧倒。

結果的に、全5試合を1人で投げぬき、43回で57奪三振の「みちのくのドクターK」と言われる1人舞台となりました。

投球以外にも、牽制やフィールディングもにも長け、ギアの強弱の上手さに、専大北上の監督で、かつて巨人時代にバッテリーを組んだ中尾孝義監督は、「うわさには聞いていたけど、いい投手やった。たとえるなら桑田みたいな感じ。制球、フィールディング、けん制。すべてのレベルが高くて、高校では見たことない。野球センスがずばぬけている」と絶賛していました。

ちなみに今秋(9月3~9日)、宮崎市で開催される「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」に出場する侍ジャパン代表の第1次候補選手30人にも選ばれています。

吉田選手は「大阪桐蔭とか常連校と対戦できることが楽しみです。今まで感じたことがないレベルの選手たちに自分の力がどこまで通用するのか」と甲子園に向けて意気込みを語っています。

まとめ!

チームの目標は「(チーム最高成績の)昭和59年の4強を超えたい」ということです。

東北・ダルビッシュ有選手も仙台育英・佐藤由規選手も花巻東・菊池雄星選手も大谷翔平選手も届かなかった、東北勢初の深紅の優勝旗をてにすることが出来るのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください