スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

花咲徳栄高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/08

花咲徳栄高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権北埼玉大会決勝は、花咲徳栄が上尾高校に4-1で勝利し、4年連続6回目の甲子園出場を決めました。

監督:岩井 隆 48歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 野村佑希 3 右右 185 90 境西(群馬)
2 田谷野拳世 3 右右 173 84 板橋第二(東京)
3 新井英一 3 左左 178 84 万騎が原(神奈川)
4 倉持賢太 3 右右 174 72 足立区第一(東京)
5 羽佐田光希 2 右右 172 72 東落合(兵庫)
6 韮沢雄也 2 右左 176 80 堀之内(新潟)
7 ★杉本直希 3 右左 171 72 町田第二(東京)
8 橋本吏功 2 右右 169 80 虻田(北海道)
9 井上朋也 1 右右 180 80 四條畷(大阪)
10 中田優斗 3 右右 186 86 つきみ野(神奈川)
11 斎藤倖介 3 右右 183 82 毛呂山(埼玉)
12 真塩恵太 3 右右 175 73 足利第三中(栃木)
13 成本龍哉 3 右左 169 69 すすき野中(神奈川)
14 島崎大輔 3 右左 167 68 長若中(埼玉)
15 松井 颯 3 右右 177 74 清瀬第四(東京)
16 宮本治毅 3 右左 171 67 粟野(栃木)
17 吉倉英俊 3 右右 177 75 深沢(東京)
18 橋本祥生 2 右右 170 72 月州(大阪)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

前年夏の全国王者という計り知れない重圧を跳ね返し、埼玉大会史上初の夏4連覇という快挙を成し遂げました。

代名詞とも言える打力は今年も健在。

チーム打率は昨年の.375と変わらない.371。

本塁打を含む長打の数は昨年が7試合で18本。

今年は南北大会に別れて1試合減の6試合にもかかわらず19本という、さらに破壊力が増していました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、北埼玉大会優勝の立役者、無くてはならない存在、エースで4番・野村佑希選手です。

ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットの球種をもっており、特に最速146キロの力のある直球にスライダーを織り交ぜて空振りを誘います。

ピンチにはギアチェンジし、直球もスライダーも球速が上がるということです。

打っても高校通算56本を放つ、まさしく二刀流選手です。

また今秋(9月3日から9日までの間)、宮崎市で開催される「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」に出場する侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手30名にも選出されています。。

花咲徳栄では1年秋からベンチ入り。

メンバー入りと同時に一塁レギュラーの座を掴み、4番として関東大会に出場。

翌2年春先の練習試合で合計12発を放ち、プロスカウトから注目される存在となりました。

春季大会に4番・左翼手兼投手として出場し、4本塁打を放つ活躍をみせます。

昨年夏の甲子園では4番として3試合連続の猛打賞をマークするなど優勝に大きく貢献しました。

さらに進化した野村選手は今夏大会からエースナンバを背負い5試合に登板。

1失点完投が2度、計31回投げて30個の三振を奪っています。

防御率0.58という驚異の数字を叩き出していました。

「投手、打者の二刀流でいけると感じますね」と広島・尾形スカウトからお墨付きを貰っています。

まとめ!

新チーム始動時から掲げてきた目標は「甲子園連覇」。

返還する優勝旗と引き換えに、第100回記念で新調された優勝旗を持って買えるという岩井監督。

史上7校目となる夏連覇にむけて、花咲徳栄がどういった戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください