スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

土浦日大高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/09

土浦日大高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権茨城県大会決勝は、土浦日大が常総学院に6-1で勝利し、2年連続4回目の甲子園出場を決めました。

監督:小菅 勲 51歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 富田 卓 3 右右 183 82 土浦第四
2 小沢礼嗣 3 右右 170 69 布佐(千葉)
3 小菅康太 3 右左 175 78 守谷
4 石渡 耀 2 右右 180 71 永山
5 井上莞嗣 3 右左 188 92 足立区第四(東京)
6 鶴見恵大 2 右右 174 71 総和南
7 大賀玲介 3 右右 168 70 大宮
8 ★鈴木健太 3 右左 175 83 高崎
9 木原琉位 3 右右 177 75 土浦第四
10 荒井勇人 2 左左 165 60 足立区第九(東京)
11 清水 樹 3 左左 178 70 修徳(東京)
12 中川朋彦 2 右右 184 79 石下
13 大和田廉太 2 左左 173 72 下稲吉
14 岡野誠也 1 右右 170 65 滝野(千葉)
15 丸山恭平 2 右右 175 75 東海南
16 岡野由伸 2 右左 173 70 石岡
17 磯貝郁人 3 右右 181 85 蒲原(東京)
18 平野太進 3 右右 175 66 小岩第四(東京)

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

昨年秋に明秀日立に大敗(16-0の5回コールド負け)し「野球を楽しんで練習しよう」と小菅監督がチーム方針を打ち出し、冬の間は選手各自が練習メニューを決め、目的を明確に持って取り組んできました。

結果、指揮官の目指す方向にチームは成長し、「本当にいいベンチで、私は決勝では何も指示していません。
最後の3試合は明秀日立、霞ヶ浦、常総学院という茨城の強豪相手にモノにできて、一段と力がついたと思います」
と収穫を口にしてきました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、茨城県大会優勝の立役者の1人、エースの富田卓選手です。

昨夏の決勝。エースとして先発しましたが、四回途中6失点で降板。

延長十五回の末に勝ちましたが、優勝投手としてその場にいませんでした。

3―12と大敗した甲子園初戦でも5回4失点とチームを引っ張れませんでした。

「甲子園常連チームは体が大きい」と痛感。

甲子園敗退後の9月、レギュラー5人が残る新チームで挑んだ秋の県大会は、明秀日立に0―16の五回コールド負し、冬の体作りに一念発起しました。

登校前に寮でおにぎりを2、3個ほど自ら握り、授業の合間に食べ、補食も合わせて3回だった食事も、多い時には8回になりました。

1杯1000キロカロリーのプロテインも1日3杯飲んだ。12月からの3カ月で体重は13キロ増加。80キロになりました。

球速も昨年の132キロから139キロにアップ、また「速球を生かせる球が必要だ」と、変化球のツーシームも磨いてきました。

キレや制球力で勝負する右腕は下半身の使い方を突き詰めた結果、球速も140キロまで出るようになり、相乗効果でスライダーも130キロまで上がり、この1年で大きくスケールアップしました。

今夏大会の牛久との初戦、9回12奪三振2失点でチームの勝利に貢献。(4-2で勝利)

決勝戦も危なげない投球を見せ、105球目で決着しました。

富田選手は、「甲子園に行くだけでなく、日本一を取るのが自分たちの目標。そのスタートラインに立てました」と意気込みを語っていました。

まとめ!

自主性と思考力、対応力を身に着けた今年、狙うは頂点ということで、甲子園では一体どういった戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください