スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

仙台育英野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/12

仙台育英野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権宮城大会決勝は、仙台育英が古川工業に7-0で勝利し、2年連続27回目の甲子園出場を決めました。

監督:須江 航 35歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 田中星流 3 右右 181 83 柏陽(北海道)
2 我妻 空 3 右右 175 72 船迫
3 笹川雄平 3 右右 176 74 会津若松第四(福島)
4 菊地太志 3 右右 170 65 蒲町
5 鈴木佳祐 3 右左 167 63 仙台育英学園秀光
6 沢田 佑 3 右左 168 65 石巻
7 佐藤 郁 3 右左 175 77 塩釜第一
8 熊谷大貴 3 右左 175 68 宮床
9 斎藤康志 3 右右 168 68 鶴岡第二(岩手)
10 大栄陽斗 2 右左 174 72 仙台育英学園秀光
11 大山 樹 3 右右 180 80 古殿(福島)
12 ★阿部大夢 3 右左 164 69 仙台育英学園秀光
13 小関遥翔 3 右右 183 75 村田第二
14 佐藤来輝 3 右右 166 66 仙台育英学園秀光
15 小濃 塁 2 右左 170 75 浅川(福島)
16 鈴木悠朔 3 右右 170 71 渡波
17 岩渕淳也 3 右右 171 74 郡山
18 笹間克弥 3 左左 166 66 七ヶ浜

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

昨年12月に不祥事(部員の飲酒、喫煙)があり、1995年から監督を務めた佐々木順一朗氏が引責辞任。

顧問も入れ替わりました。

2001年のセンバツ準優勝の学生コーチで、系列の秀光中等教育学校軟式野球部監督だった須江航監督が1月1日付で就任しました。

須江監督は部員1人1人との面談でじっくり話を聞き、ミーティングを通してチームの方向性を定め、1ヶ月の練習自粛後は、まず進塁数を競う野球の練習を始めたということです。

また6ヶ月の対外試合禁止で春の公式戦が戦えない中、部内でリーグ戦を行い、実践感覚を磨いてきたといいます。

その競争を勝ち抜き、選ばれた20人が宮城大会のメンバーになったということでした。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、宮城県大会優勝の立役者の1人、エースの田中星流選手です。

最速143キロのストレート、カットボール、カーブで打者を翻弄します。

対外試合禁止が解禁され臨んだ今夏大会。

6ヶ月のブランクを心配されましたが、2回戦、気仙沼向洋相手に先発で1回1死から2回終了時までの5者連続を含む7三振を奪い、3回を投げ、1人の走者も出さないパーフェクトピッチングを披露。

そして準々決勝、東北学院戦では、6回まで完全投球で、7回の先頭打者に左前安打を許しまたが、最後まで三塁を踏ませない、3安打7奪三振無四死球で完封。

決勝戦でも、田中選手から大栄陽斗選手への継投ですが、古川工打線に得点を与えないという快投を演じ優勝に導く活躍をしました。

「やっとスタートラインに立てた。どう抑えるかという過程を大切に投げて、攻撃に良い流れをつなげたい。」と甲子園に向けて意気込みを語っています。

まとめ!

一連の不祥事により、さまざまな思いにかられながら、また野球と向き合いながら過ごした7ヶ月間の思いを込めて、甲子園では一体どういった戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください