スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

敦賀気比高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/12

敦賀気比高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権福井県大会決勝は、敦賀気比が若挟に2-1で勝利し、3年ぶり8回目の甲子園出場を決めました。

監督:東 哲平 38歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 木下元秀 2 左左 182 85 三国丘(大阪)
2 ★杉森圭輔 3 右右 178 80 鯖江中央
3 阪口竜暉 3 右右 179 88 河南(大阪)
4 岩本大輔 3 右左 167 67 美浜
5 野道大誠 2 右右 173 77 進明
6 黒田響生 3 右右 184 78 足羽
7 西川剣之介 3 右右 179 75 築港(大阪)
8 高橋 丞 3 左左 172 65 鯖江中央
9 細谷優作 3 右右 177 75 長岡(京都)
10 坂井 翔 3 右右 170 70 東陽
11 黒田悠斗 2 右右 173 73 鯖江中央
12 中野 樹 3 右右 177 67 山直(大阪)
13 森田里玖 3 右左 172 75 中野(大阪)
14 福田大輝 3 右右 165 65 粟野
15 北山侍穏 3 右右 177 73 粟野
16 中川莉久 3 右右 169 68 玉手(大阪)
17 進藤晟真 3 右右 178 76 馬堀(神奈川)
18 笠島尚樹 1 右右 175 67 鯖江中央

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

福井大会2回戦で、昨秋の準々決勝で3対10(8回コールド)と敗れていた福井工大福井に10対0の8回コールドで雪辱。

勢いに乗ると、決勝は若挟の堅守に苦しみながらも2対1でサヨナラ勝ちとしました。

福井大会のチーム打率は.391。5試合で48得点。準決勝までは4試合連続コールド勝ちと圧倒的な攻撃力を示しました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、福井県大会優勝の立役者の1人、主将の杉森圭輔選手です。

長打力があり、バッティングを得意とする捕手。

小学校でも優勝し、中学硬式野球チームの鯖江ボーイズ(福井)で2015年に全国制覇しました。

そして7回目となる2015年も野茂英雄総監督と清水信英監督と共に16名のジュニアオールジャパンのメンバーに選出され4番を打っています。

ちなみに3番は大阪桐蔭の根尾昴選手、5番も山田健太選手という豪華顔ぶれでした。

敦賀気比では2016年春季大会にベンチ入りすると、1回戦でいきなり4番捕手でスタメン出場。

高い能力を期待されましたが、県の決勝戦で5対15と大差で敗退。

以降、県大会で敗戦が続き、昨夏、昨秋、今春は8強止まり、杉森選手はじめ敦賀気比高にとって試練の連続でした。

「本番で力を発揮できなかった」と東監督。

打撃、守備ともに重圧がかかる場面を想定した練習を繰り返しおこない、臨んだ今夏大会。

杉森選手は打率.471とチームを牽引する活躍をし、チームも決勝で、接戦をサヨナラで制しました。

「悔しい思いばかりしてきたが、2年半かけラストチャンスでやっとスタートラインに立てた」と杉森選手はコメントしていました。

まとめ!

あくまで甲子園で勝ち進むことが目標といいます敦賀気比。

甲子園では、一体どういった戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

追記
1回戦、木更津総合 (東千葉)に1-10の敗戦となっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください