スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

木更津総合高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/08/12

木更津総合高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、2018年全国高校野球選手権大会がやって来ますね。

これから注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見れるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

第100回全国高校野球選手権東千葉大会決勝は、木更津総合が成田高校に10-2で勝利し、3年連続7回目の甲子園出場を決めました。

監督:五島 卓道 64歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 野尻幸輝 3 右左 178 78 高富(岐阜)
2 山中稜真 3 右左 176 72 横浜泉(神奈川)
3 大久保貴揮 3 右右 178 70 高洲
4 大曽根哲平 3 右右 165 55 有秋
5 小池柊稀 2 右右 174 66 磯辺
6 神子瑞己 3 右左 170 62 蔵波
7 神山竜之介 3 右左 168 64 光陽(奈良)
8 東 智弥 3 右右 172 70 誉田
9 太田翔梧 2 右右 170 72 平間(神奈川)
10 白井竜馬 3 右右 178 74 葛西第三(東京)
11 根本太一 2 右右 180 78 成田
12 篠木健太郎 1 右左 175 66 明和(群馬)
13 高橋 京 3 右右 183 72 三郷北(埼玉)
14 ★比護涼真 3 右右 171 60 常葉(神奈川)
15 古川玲央 2 右右 165 60 畑沢
16 田中斗暉也 3 右右 168 62 真砂
17 松山大成 3 右右 176 78 姉崎
18 冨島琉汰 3 右右 172 67 五井

★は主将

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

千葉県勢では史上3人目となる3年連続夏の甲子園出場を達成。

昨年までは左腕エースを中心とした1点を守り切るチームでしたが、今年は打のチームに変貌。

春の県大会を10年ぶりに制したプレッシャーもあるなか、今夏大会は全6試合で5点差をつけ圧勝。

72安打に計50得点。成田との決勝も7本の長打で10対2と圧倒しました。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても、東千葉大会優勝の立役者、エースで4番の野尻幸輝選手です。

打っては長打力のある左の強打者、投げては最速143キロの本格派右腕の2刀流選手です。

1年春から5番・レフトで出場。

同年夏の甲子園(初ベスト8)をベンチ外で過ごし、1年秋から再び左翼手のレギュラーを務めます。

正三塁手として臨んだ翌2年夏の県大会で2年連続6度目となる優勝を達成。

7・8番打者を経て準々決勝から5番に打順を上げ、甲子園初戦で左前安打を記録。

しかしチームは初戦日本航空石川に5対6と惜敗します。

2年秋の新チームから4番打者を任され、チーム事情から昨年秋の大会終了後に野手兼投手となります。

春に投手兼任で関東4強進出。

「自分が柱になる」と朝一番にグラウンドへ来て練習するなどリーダーシップを発揮。

ちなみに野尻選手は五島監督とは同郷の岐阜出身で、関ボーイズ時代は捕手でした。

県選抜メンバーにも選ばれ、大阪桐蔭の根尾選手らとはチームメイトでした。

今夏大会は東千葉大会には背番号5で出場し、決勝で完投勝利。

また打席では準決勝でサイクル安打を放ち、第一打席にZOZOマリンスタジアムの右翼席上段へ運ぶなど投打に活躍しました。

野尻選手をコンバートしたことで、投手陣に成長と競争を促した結果、盤石の戦力が揃ったと言われています。

まとめ!

狙うは1975年の習志野以来、遠ざかっています千葉県勢の全国制覇。

五島監督の甲子園10勝がかかる初戦に注目が集まっており、非常に楽しみですね。

追記
10勝達成!!1回戦、敦賀気比相手に10対1の快勝しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
甲子園の出場校数は?2018出場校の紹介

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください