スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

由利工業高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/01/27

由利工業高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、また春の選抜甲子園がやって来ますね。

これから選抜高等学校野球大会で注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見られるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

2017年10月13~18日秋季大会東北。

創部56年目で東北大会初出場を果たし、尚且つ2回戦で弘前東高校(青森)に9回土壇場からの逆転勝利(5-4)で初勝利をものにしました。

ベスト8進出と共に21世紀枠で選抜出場も掴み取り、一躍注目校となっています。

部長:須田和仁 48歳

監督:渡辺義久 39歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 佐藤亜蓮 3 右右 174 74 大内中学校
2 ★畑山陸翔 3 右右 167 61 象潟中学校
3 木村裕太 3 右右 176 70 本荘市立北中学校
4 大友丈 3 右右 168 63 本荘市立南中学校
5 佐藤隼人 3 右左 166 61 鳥海中学校
6 佐々木聖弥 3 右右 165 60 本荘市立南中学校
7 菊地浩介 3 右左 183 70 大内中学校
8 土井幹太 3 右右 180 71 本荘市立東中学校
9 石原龍之介 3 左左 176 76 本荘市立南中学校
10 太田怜央 2 右右 171 76 鳥海中学校
11 斎藤海龍 3 右右 169 69  象潟中学校
12 田口海斗 3 右右 166 69 本荘市立北中学校
13 矢野夢翔 3 右右 177 92  岩城中学校
14 工藤雄陽 3 右右 172 60  本荘南中学校
15 大友優亮 2 右左 170 65  鳥海中学校
16 渡辺大夢 3 右両 168 65  西目中学校
17 佐々木拓海 3 右右 172 63  岩城中学校
18 井島虎之介 3 右左 179 70 本荘北中学校

★は主将です。

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

全員が秋田県内で由利本荘市内の中学校出身者ですので、高校もそうですが中学校の野球指導関係者も注目されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても東北大会初出場、初勝利の原動力となったエース佐藤亜蓮選手ですね。

佐藤亜蓮(さとう・あれん)選手のプロフィール

生年月日:2001年2月8日

出身地:秋田県由利本荘市

ポジション:投手

家族:両親

プレースタイル:物おじしない強気な投球が売りで、最速142キロのストレートとカーブ、スライダー、チェンジアップの変化球を武器に気迫と気持ちで投げ抜く右腕。

珍しい亜蓮の名は海外渡航好きの父三男さんが、世界でも通用するようにと名付けたということです。

小学校・中学校

下川大内小学校3年で野球を始めます。

当時は内野手でしたが、小学5年から投手に転向。

大内中学校では軟式野球部に所属し投手で活躍します。

高校

野球部OBで主将を務めたが、甲子園出場は夢に終わった。「お父さんの無念を晴らしたい」と由利工に進学。

持ち前の負けん気を武器に1年春からベンチ入りし秋にはエース座を掴みます。

2年時には気迫あふれる獅子奮迅の投球をみせ、秋季大会秋田県で3位に導く大きな活躍をみせます。

初出場となった東北大会でも「周りを信じて、自分らしく投げたい」と自然体を貫き初勝利に貢献。

準々決勝、強豪花巻東高校にも6回まで無失点と好投します。

しかし2点リードの7回に4点を失って2-4で逆転負け。

「まだ自分のしたい投球ではなかった。チームの中にあった隙を経験できたのは大きい」と敗戦を振り返っていました。

大会後は、伝統的に同校で行われている「3合タッパ作戦」で肉体改造に着手。

毎朝毎晩に3合の白飯を納豆で食べ、現在は大会後から4キロ増の79キロまで増量に成功しました。

「目標は150キロ。140キロちょっとだとプロ入りのレベルに達していない。キレと伸びを磨く」と選抜に向けて意気込みを語っています。

まとめ!

佐藤選手だけではなく、打のヒーロー木村裕太選手にも注目ですね。

そして、チームとして粘りの守備力も魅力です。

初舞台となる甲子園で、どこまで活躍できるのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
選抜高校野球2018出場校まとめ!日程・組み合わせは?

選抜高校野球21世紀枠!歴代出場校まとめ

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください