スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

近江高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/02/10

近江高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、また春の選抜甲子園がやって来ますね。

これから選抜高等学校野球大会で注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見られるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

2017年10月24、30、31、11月3~5日秋季大会近畿。

昨夏の滋賀大会決勝、彦根東戦での悔しい思いをバネに、8月1日に新チームで初試合をして以来、9月9日までに36戦の練習試合で34勝1敗1引き分けの実績で臨んだ近畿大会。

準々決勝、その因縁の相手彦根東に4-3で勝利し、3年ぶり5回目の選抜出場のキップを掴みました。

部長:伊藤洋 50歳

監督:多賀章仁 58歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 金城登耶 3 左左 171 66 栗東西中学校
2 有馬諒 2 右右 181 77 平城中学校
3 北村恵吾 3 右右 183 85 大垣市立北中学校
4 家田陸翔 3 右左 174 65 城山中学校
5 山田竜明 3 右右 175 77 瀬田北中学校
6 ★中尾雄斗 3 右左 172 61 大泉中学校
7 金田大聖 3 右左 182 82 甲良中学校
8 瀬川将季 3 右左 172 68 松原第三中学校
9 住谷湧也 2 左左 169 65 栗東西中学校
10 茨木寿弥 3 右右 178 65 維孝館中学校
11 松岡裕樹 3 右左 177 66 志賀中学校
12 上野由剛 3 右右 168 69 伏見中学校
13 高島恵人 3 右右 179 66 旭中学校
14 原田稜也 3 右左 171 65 彦根市立南中学校
15 見市智哉 2 右右 169 66 城山中学校
16 宮田朋弥 3 右左 172 63 八条中学校
17 川村奎太郎 3 右左 170 72 安土中学校
18 林優樹 2 左左 168 58 向島中学校

★は主将です。

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

滋賀県以外の出身中学校は

奈良県 2名

大阪府 3名

京都府 3名

岐阜県 1名

となっており、滋賀県内は9名となっています。

県内の選手が半数を占めており、残りも関西圏からの選手を集めています。

滋賀県はじめ関西圏の中学校やリトルリーグでの育成がしっかりおこなわれているということですね。

スポンサーリンク

注目選手

注目は選抜出場の原動力となりました1年生バッテリー、投手の林優樹選手、有馬諒捕手の選手ですね。

林優樹選手

多賀章仁監督は「度胸がある。体は小さいけどダイナミックなフォーム」と林選手を評価しており、左上手投げから最速130キロの直球に大きく曲がるカーブ、スライダー、チェンジアップを中心にカウントを作る配球で打者を翻弄します。

マウンドでは堂々と見えますが、身長168cm、体重55kgのスリム体形に少し不安があるということです。

元々太りにくく、入学当時58kgキロだった体重は、夏場に一時、52kgキロまで落ちました。

毎食どんぶり飯2杯を欠かさず、スクワットなどトレーニングも怠らないが、体重増にはつながらないそうです。

それでも「自分の中でも変化球を大切に心がけている」と小柄な体形でも、緩急を生かした投球に磨きをかけているといいます。

近畿大会では、先発としてスライダーを中心にカウントを作る安定感は、1回戦で5回無失点の勝利に貢献。

準々決勝の彦根東戦でも、序盤3回無安打無失点で上々の立ち上がりを見せるなどチームのエースになりつつあります。

多賀監督も「林の投球がどこまで通用するかがカギ。」と大きな期待を寄せていました。

有馬諒選手

超高校級で強肩、腕っぷしの強さを生かした強打が持ち味の捕手と言われています。

「有馬は肩が強く、捕手としての感性が素晴らしい」と多賀監督も絶賛しています。

1年夏からベンチ入り。

夏の敗戦を目の当たりにし、新チームで正捕手となりました。

「この敗戦を機に投手とのコミュニケーションも増やし、普段の投球練習からピンチの場面を想定して取り組むようになった」とコメントしています。

140km近いストレートが武器のエース左腕、金城登耶投手と林優樹投手。

そして右腕の本格派投手らも控えており、万全の投手陣と言われ、その投手陣を巧みにリードして守りから流れを作るように意識して試合に臨んでいるということでした。

その結果が選抜出場に繋がったということですね。

選抜出場に向けて「ベスト8以上が目標。近畿大会で負けた大阪桐蔭(0-5の完封負け)に勝ちたい」と意気込んでいました。

まとめ!

もちろん1年生バッテリーだけではなく、エース金城登耶選手や打線の核となっています家田陸翔選手と北村恵吾選手にも注目ですね。

選抜では、どのような戦いを見せてくれるのか非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
選抜高校野球2018出場校まとめ!日程・組み合わせは?

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください