スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

おかやま山陽高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/02/11

おかやま山陽高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、また春の選抜甲子園がやって来ますね。

これから選抜高等学校野球大会で注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見られるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

2017年10月27、30、31、11月4~5日秋季大会中国。

昨夏の甲子園初出場校が対決した決勝は、おかやま山陽が9点差を終盤に追いついて延長戦に持ち込み10回サヨナラ(12-11で勝利)春秋を通じて初優勝。

しかも選抜初出場となり、夏春連続の甲子園出場となります。

部長:小泉清一郎 49歳

監督:堤尚彦 46歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 有本雄大 3 右右 177 80 新吉中学校
2 川上雅稀 3 右右 171 81 川上中学校
3 井元将也 3 右右 179 80 真備東中学校
4 利光康生 3 右左 162 60 金光中学校
5 宮地翔矢 3 右左 170 72 大門中学校
6 ★禰元太陽 3 右右 172 62 加賀中学校
7 小野凌 3 左左 163 58 笠岡東中学校
8 小野剛昌 3 右右 171 70 倉敷第一中学校
9 森下浩弥 3 左左 178 75 総社東中学校
10 林勇作 2 右左 182 75 郷内中学校
11 小林甲斗 2 右右 176 74 岡西中学校
12 宮本大輝 2 右右 173 65 勝山中学校
13 木村龍一朗 3 右右 180 77 新辺西中学校
14 岡本大佑 3 右左 167 61 灘﨑中学校
15 池田透生 3 右左 170 67 笠岡東中学校
16 深田大誠 3 右右 175 75 光南台中学校
17 小川皓大 3 右右 164 71 真備東中学校
18 前田陸 3 右左 166 70 倉敷北中学校

★は主将です。

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

岡山県以外の出身中学校では

広島県 2名

となっており16名が岡山県内の中学校出身となっています。

多くの地元出身者がメンバーとなっているところをみると、中学での育成がしっかり行われているということですね。

県大会3位から劇的な幕切れで下克上を成し遂げ、初の中国大会の頂点にたった事は、堤尚彦監督の指導の賜物だとも感じられます。

20代に青年海外協力隊員として通算3年、アフリカで野球の普及活動に携わっていました。

2006年に野球部監督に就任すると、至近距離から柔らかな球を投げたり、スライドボード上での素振り、ゴルフ理論も応用した打撃練習など、ユニークな指導法を次々に取り入れ徐々に力を付けていきます。

2016年に3度目となる春の県大会を制覇。

2017年夏に初の甲子園出場を果たすなど快進撃が進んでいます。

関係者からは「岡山にはない、しなやかな新タイプの野球」と評されています。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言ってもエースの有本雄大選手ですね。

昨夏、岡山大会決勝9回のマウンドに立ち、初の甲子園出場に導く活躍をしています。

秋から大黒柱として、140km近いストレートを軸に、スライダー、カーブなどの変化球を武器に中国大会4試合で防御率1.52(投球回29回2/3)を記録。

まさにエースとしての役割を果たしています。

177cm、80kgの強靭な体から繰り出す、力のある球が魅力といわれ、堤監督曰く「強い球」と表現しています。

これについては、県内屈指の量を誇る全体練習の後、スクワットで黙々と追い込み、さらには峠を2つ超えて20km以上離れた自宅まで自転車で帰るという努力の結果だということです。

ですから入学当初と比べ、下半身は競輪選手のようにたくましくといいます。

練習試合を含めノーヒットノーランを3度達成していますが、新チーム結成後はフォームを崩し、県大会準決勝と3位決定戦で大量失点するなど、もがいていました。

マット運動など、バランスを整えるトレーニングを重点的に行い臨んだ中国大会。

準々決勝、ミスをいやらしく突いてくる相手の高川学園には、直球勝負でねじ伏せ7安打完封(7-0で勝利)と復活を遂げました。

選抜に向けては「ストレートと変化球のキレをさらにあげていきたい」と意気込みを語っています。

まとめ!

有本選手だけではなく、打線の主軸となる森下浩弥選手、井元将也選手、宮地翔矢選手にも注目ですね。

中国大会決勝や県大会3位決定戦、準決勝など大逆転で勝ち進む、諦めない粘り強い戦いを展開しているので、選抜でどういった戦いを見せてくれるのか非常に楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
選抜高校野球2018出場校まとめ!日程・組み合わせは?

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください