スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

植田直通のプレースタイルを解説!彼女と移籍の噂についても

time 2018/03/27

植田直通のプレースタイルを解説!彼女と移籍の噂についても

こんにちは、誰もがうらやむ身体能力の持ち主で、今や鹿島アントラーズ不動のCBに君臨しています植田直通選手。

昨シーズンは守備だけではなく、ヘディングの得点力に開眼しています。

植田選手に対しては、鹿島アントラーズ同様、日本代表での活躍を望んでいるサポーターも多くいるのではないでしょうか。

この記事は、そんな植田選手のプレースタイルや噂についてまとめてあります。

スポンサーリンク

植田直通(うえだ なおみち)プロフィール

愛称:ナオ

生年月日:1994年10月24日

年齢:23歳

出身地:熊本県宇土市

血液型:A型

身長:186cm

体重:79kg

利き足:右

ポジション:DF

所属チーム:鹿島アントラーズ

趣味:ゲーム

宇土市立緑川小学校

3年生のとき友達に誘われて緑川少年スポーツクラブでサッカーをはじめ、高学年から宇土市のトレセンに入っています。

またテコンドーもやっており3年生の時には小学生部門全国第3位となっているので、その頃から身体能力に目を見張るものがあったということですね。。

宇土市立住吉中学校

中学時代はポジションは決まっていなくてMFしたり、FWしたりでした。

そして2年生時に熊本県トレセン入りしています。

テコンドーでは日本一、さらに、世界大会にも出場していました。

大津高校

入学当初はFWでしたが、高校総体後にDFに転向しスタメンに抜擢されます。

CBとして才能が開花し転向後1ヶ月後には、U-16日本代表に抜擢され、新潟国際ユース大会に出場。

2年生のときには日本代表としてU-17ワールドカップに出場しベスト8進出の原動力となりました。

3年時、主将として第91回全国高等学校選手権大会に出場。(1回戦旭川実業にPK戦2-3で敗退)

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ

2013年浦和レッズ、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、FC東京や名古屋グランパスなど数多くのクラブから鹿島アントラーズに入団。

3月ナビスコカップ第2節FC東京戦で公式戦デビュー。

2014年3月J1開幕戦ヴァンフォーレ甲府戦でリーグ戦デビューしその後20試合に出

場しました。

またJリーグU-22選抜に選出され、J3リーグに2試合に出場しています。

2015年4月に柏レイソル戦でプロ初得点を挙げるなどJ1リーグ戦12試合に出場。

2016年、AFC U-23選手権2016のメンバーに選出され、リオデジャネイロオリンピック3試合全てフル出場しています。

また、FIFAクラブワールドカップ2016、昌子源選手とディフェンスラインを組み、堅い守備で決勝進出に貢献しました。

2017年、第23節のガンバ大阪戦で得点を決め5連勝に貢献するなど、レギュラーの座を確実なものとします。

12月、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017の中国戦でA代表デビューを果たしました。

プレースタイル

当たり負けしない強靭なフィジカルに、打点が高く相手FWもろとも叩き潰すような力強いヘディング。

パワーだけでなく、50メートル6秒1で駆け抜けるスピードも兼ね備え、「強さ」「高さ」「速さ」の三拍子揃った、日本においては稀有なセンターバックと言われています。

また代表デビューは右サイドバックで出場も高いレベルでプレー出来ることを証明していますので、ユーティリティー性にも優れた選手ということですね。

そしてなんと言っても

「一対一では誰にも負けたくないし、負ける気もしない。自分が相手のエースを潰せば、チームも勝てると思うんで」

という負けん気の強いメンタルを持っていることが何よりの強みですね。

スポンサーリンク

彼女

イケメンとしても有名な植田選手ですので、やはり彼女について気になる人もいるかと思いますが、情報がありませんでした。 m(_ _)m

彼女の1人や2人いるかもしれないですね。

ちなみに植田選手の好きな女性有名人は、なんと霊長類最強女子と言われています吉田沙保里選手やオリンピック4連覇した伊調馨選手ということです。

やはり強い女性に惹かれる・・・ですかね~。

今だと総合格闘技で大人気のRENA選手にも熱い視線を送っているということでしょうか。(・_・;)

移籍の噂

2017年12月3日、ドイツ2部ウニオン・ベルリンが獲得を検討していることが2日に分かったと報道がありました。

同クラブのチーフスカウト担当が10月21日の横浜M戦(日産ス)などを視察。

関係者によると、冬の移籍市場で獲得オファーに発展する可能性があり、これ受け鹿島アントラーズは(当時ヴィッセル神戸)の岩波拓也選手に獲得オファーを出した経緯があります。

しかし冬の移籍市場締め切りと、岩波選手は12月26日浦和レッズに完全移籍していることから植田選手の鹿島アントラーズ残留が決定したということでした。

代表入りの可能性

ロシアW杯で同組に入ったセネガルには190センチ台の選手が4、5人おり、ポーランドもロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)を筆頭に185センチ超のタレントがひしめくなど、高さの問題はどうしてもクリアしていかなければならない問題があり、植田選手の戦力が必要とされるのは必然だと思います。

そして、ハビエル・アギーレ前監督時代の2015年アジアカップ(オーストラリア)で初めてA代表入りを果たしてから3年、ハリルホジッチ監督に代わってからも断続的に呼ばれていることから、ロシアワールドカップ最終メンバーに選ばれる可能性は高いと思いますね。

ただ出場機会に恵まれていない状況に、多くのサポーターはCBで活躍する植田選手を見たいと思っているのではないでしょうか。^^

私なりのまとめ!

これからの日本代表の強化試合やJリーグの活躍次第では、ロシアワールドカップの先発出場もありえますね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
サッカー日本代表メンバーまとめ!背番号や顔、年齢を紹介

中島翔哉のプレースタイルを解説!嫁や竹内涼真との関係についても

小林悠のプレースタイルを解説!嫁は石田直子?子供がかわいいと話題も

三竿健斗のプレースタイルを解説!彼女の噂と帰国子女の経歴もチェック!

車屋紳太郎のプレースタイルを解説!嫁や子供とのプライベートなオフショットも

宇賀神友弥は帰化してる?嫁や子供、兄弟についても気になる

倉田秋は結婚してる?タトゥーの噂やプレースタイルについても!

杉本健勇のタトゥー 光永の意味とは!彼女るな説と韓国人という噂の真相も!

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください