スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

中央学院高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

time 2018/01/13

中央学院高校野球部2018!メンバーの出身中学校や注目選手を紹介

こんにちは、また春の選抜甲子園がやって来ますね。

これから選抜高等学校野球大会で注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思います。

この大会から未来のNPBやMLB選手の原石が見られるとなると興奮してしまいますね(笑)

スポンサーリンク

メンバー

2017年10月23~28日秋季大会関東。

1回戦で夏の甲子園優勝校の花咲徳栄高校を6対3で倒し、勢いに載ったチームは準決勝でも2015年夏の甲子園優勝校東海大相模高校を延長戦に持ち込む粘り強い戦いを3対2で勝利と強豪校を軒並み倒して決勝に進出。

決勝戦も明秀日立高校を激闘の末6対5で競り勝ち堂々の初優勝に輝いています。

部長:梅澤英一

監督:相馬幸樹 38歳

背番号 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校
1 大谷拓海 3 右左 180 78 滝野中学校
2 ★池田翔 3 右右 180 76 小中台中学校
3 長沼航 2 右右 170 68 竹来中学校
4 手塚歩夢 2 右右 161 65 花園中学校
5 川崎和希 3 右右 170 68 根木内中学校
6 平野翔 3 右左 168 65 南大沢中学校
7 田中大暉 3 右左 168 68 利根中学校
8 宇田周平 3 右左 168 69 我孫子中学校
9 西村陸 3 右右 172 70 立石中学校
10 畔柳舜 2 右右 182 70 松戸市立第五中学校
11 高鹿隼人 2 右右 178 88 古ヶ崎中学校
12 和田将幸 2 右右 173 75 桜道中学校
13 高岡颯 3 右右 173 73 豊四季中学校
14 西山空 3 右右 175   74 柏第五中学校
15 菊島岳 3 右右 177 73 杉森中学校
16 信田虎輝 3 右左 167 67 松戸市立第一中学校
17 長谷川剛士 3 右両 165 77 旭私立第二中学校
18 森健輔 3 右右 172 72 永山中学校

★は主将です。

ベンチ入り予想メンバーとなっています。

千葉県県以外の出身中学校では

東京都 4名

茨城県 3名

で11名が千葉県の中学校出身となっています。

また関東圏のリトルシニアで活躍した選手を中心としたメンバーとなっているのも強豪校ならではですね。

スポンサーリンク

注目選手

注目は何と言っても優勝の立役者、エースで4番の大谷拓海選手ですね。

第2の大谷として早くもドラフトの目玉候補とも言われています。

大谷拓海(おおたに たくみ)選手のプロフィール

生年月日:2000年7月13日

出身地:千葉県印西市出身

プレースタイル:スリークォーターから繰り出される145kmのストレートとスライダー、カーブ、フォークを武器に1年秋には9回2死までノーヒットノーランの快投で一躍話題になりました。

また天性のバッティングセンスで主軸(4番)としても活躍しており二刀流選手として注目されています。

小学校(おそらく印西市立滝野小学校)2年の時に滝野を地元とする少年野球チーム本埜ジャガーズで野球をはじめます。

野手としてそしてチームの副キャプテンとして活躍します。

印西市立滝野中学校に進学。

野球は千葉県船橋市の中学硬式野球チーム船橋リトルシニアに入団します。

ポジションはセンターで、投手はたまに務める程度だったということです。

CHIBA LOTTE MARINES CUP 2015ではチームの主軸として3位入賞に大きく貢献。

2015年関東連盟春季大会ベスト16や第21回日本リトルシニア全国選抜野球大会出場(3年連続)等、ココぞと言う場面でホームランを打つなど中学時代から注目されていました。

船橋リトルシニアの仲間に対して大谷選手は「2年半、練習はきつかったけど、楽しくできたのでよかったです。今度はそれぞれの高校で力を出せるよう頑張り、高校での対戦を楽しみにしたいと思います」と話していました。

中央学院に進学後は、1年時から3番、右翼手としてレギュラーを獲得しますが、監督から身体能力を買われ本格的に投手に専念します。

1年秋の関東大会1回戦の市川高戦で9回二死までノーヒットノーランの快投を演じると一躍注目されました。

2年の秋季千葉県大会に4番・エースで出場し準優勝に大きく貢献。

そして投打の大黒柱としてチームを牽引し、秋季大会関東悲願の初優勝に導く活躍をみせ選抜大会出場を確実の物としていました。

巨人の福王スカウトは、「逆方向にあれだけ飛ばせるのは大したもの。素材がいいのは間違いない」と評価しており、すでにプロ注目の選手となっています。

まとめ!

大谷拓海選手だけではなく、畔柳舜選手、西村陸選手と投手陣も充実しており、さらに粘りの守備も魅力です。

選抜での戦いが非常に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
選抜高校野球2018出場校まとめ!日程・組み合わせは?

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください