スポーツ太郎

あらゆるスポーツのジャンルを紹介

東口順昭のプレースタイルを解説!韓国人や洛南高校出身という噂

time 2018/05/26

東口順昭のプレースタイルを解説!韓国人や洛南高校出身という噂

こんにちは、ガンバ大阪の絶対的守護神として活躍しています東口順昭選手。

しかしクラブチームでは絶対的守護神でも、日本代表では中々出場機会に恵まれず、ヤキモキしているサポーターも多くいるのではないでしょうか。

ロシアワールドカップでは低迷していると言われています日本代表の救世主となりえるか注目ですね。

この記事は、東口順昭選手のプレースタイルや噂についての内容となっています。

スポンサーリンク

東口順昭(ひがしぐち まさあき)選手のプロフィール

愛称:ヒガシ

生年月日:1986年5月12日

年齢:32歳

出身地:大阪府高槻市

血液型:O型

身長:184cm

体重:78kg

利き足:右足

ポジション:GK

所属チーム:ガンバ大阪

趣味:サッカー

高槻市立北日吉台小学校

Jリーグ元年1993年、小学1年時に周りの友達がサッカーを始めて、近所のチームに入ると言ったので「じゃあ俺も行くわ」と「日吉台ウイングス」(小5からチーム名が変わり「FC OWLS INTER.HIRONO」)でサッカーを始めます

FWで活躍していましたが、小学校4年時に誰かがGKをやらないといけない状況になりじゃんけんで負けた東口選手が担当。

初めてのGKで好セーブを見せた為、以降はFWとGK兼任で活躍しました。

スポンサーリンク

高槻市立芝谷中学校

中学ではガンバ大阪ジュニアユースに入団。

同期には本田圭佑選手や家長昭博選手(川崎フロンターレ)、森田尚希選手(ラグビートップチャレンジリーグ近鉄ライナーズ所属)等がいました。

FWに未練のあった東口選手ですが、天才家長選手のレベルの高さに驚愕し、フィールドプレイヤーを断念。

GKに専任するも、中学1年から身長が170cm以上あった森田尚希選手の存在が大きく試合に出れない日が続いたということです。

しかし中学2年になると森田選手がラグビーをやりたいということで、ジュニアユースを退団。

急遽1学年上の試合に出場することになりますが、判断ミスがあったり、キャッチミスをしてゴールに入ってしまったりと、結果が出ず挫折を味わったといいます。

3年時になると試合に出場していましたが、強豪ガンバではレベルが高いので関西大会までは、相手に攻め込まれることがなかったので、プレッシャーを感じる事がありませんでしたが、全国大会になると急にレベルが上がってシュートが飛んでくるようになります。

急にプレッシャーと向き合ってもどうしたらいいか分からへん自分がいた。そんな状況で、やっぱりなかなか結果がでえへんかった。

というジュニアユース時代は多くの挫折を味わい、練習で毎日同じことをしているほうが楽しくて、試合には出たくなかったといいます。

洛南高校

身長が低いこと(当時は170cm以下と小柄だった)などの理由からユースへの昇格は見送られ、さらに金光大阪高セレクション不合格と路頭に迷った末に京都の強豪、洛南高校に進学。

高校2年から試合に出場し、3年のときに選手権京都府予選決勝進出(準優勝)しています。

当時は全国の常連校ではなかった為、

  • 「勝つためには自分がしっかりしなあかん」。
  • 「俺がゴールを入れられなければ負けることはない」。

という意識が強くなり、さらに選手権予選の準決勝のPK戦で勝利するなど、あらためて「GKが楽しい」と再確認したといいます。

また高校時代にはフリースタイルフットボール(サッカーボールを用いたパフォーマンス)にも興味があり、練習後、毎日リフティングの練習を行っていたので足元の技術も向上したということでした。

スポンサーリンク

大学

当初、北信越地区の強豪校、福井県の福井工業大学に進学。

そこでの活躍が認められ、2年生の時に全日本大学選抜、東海・北信越選抜に選出されました。

しかし、2年時に福井工業大学がサッカーに力を入れないことを決めて、監督が辞任、そして強化クラブの指定を解除。

今後について悩んだ東口選手は、親交のあった新潟経営大学のコーチに相談し編入を決意します。

新潟経営大学では2007年、ユニバーシアード日本代表に選ばれます。

4年時にはサッカー部キャプテンとして活躍する一方でアルビレックス新潟の特別指定選手となり、一度諦めていたプロの世界に近づきました。

プロ

アルビレックス新潟、ヴィッセル神戸、ガンバ大阪の3チームからオファーがあり2010年、アルビレックス新潟とプロ契約します。

シーズン序盤にはアルビレックス新潟で第3GKから一気に正GKに昇格。

AFCアジアカップ2011の日本代表予備登録メンバーも果たしました。

2012年「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」の日本代表として、非公式ながら代表戦出場を果たしただけではなく、キリンカップのメンバーにも選ばれるなど飛躍。

8月には右ひざ前十字靭帯損傷損傷し、全治8ヵ月という長期離脱を経験するが、リハビリ中にフィジカルを強化。

結果、J1でセーブ率No.1に輝くなどレベルアップに成功しました。

2013年12月にジュニアユース時代を過ごしたガンバ大阪に移籍。

移籍後はリーグ戦全試合にフル出場、クラブ新記録となる14試合連続完封試合を記録するなど、国内三冠達成(2014年)や、天皇杯連覇(2014-15年)に貢献します。

2015年8月に、東アジアカップ2015の対中国戦で国際Aマッチデビュー。

現在も日本代表・ガンバ大阪の中心選手としてプレー中です。

スポンサーリンク

プレースタイル

ムラのない安定したパフォーマンスでハイボールに強く、シュアなセービングから元日本代表楢崎選手の後継的な見方をされています。

そしてキックの正確性が売りで、特にフィードはかなりの高水準、左右に振り分ける精度だけでなく相手ゴールまで届くほどの飛距離を見せる、近代的なゴールキーパーと言われています。

韓国人という噂

こちらに関してはガセだということです。

2017年5月、東口選手のインスタグラムに宇佐美貴史選手とオ・ジェソク選手と食事をしたことを報告していました。

「おいしい」を意味する言葉「マシッソヨ」と韓国語で更新したことが噂になったのでは?ということでした。

ちなみにサイト「日本☆地域番付」2010年大阪府内の市区町村、計74地域を対象とする韓国人・朝鮮人比率についての地域ランキングによりますと、東口選手の出身高槻市の人口357,359人に対して韓国人・朝鮮人は1,280人の0.358%で第49位でした。

このことからも東口選手が韓国人という噂は限りなくガセだと思いますけどね。

スポンサーリンク

私なりのまとめ!

現在、5月21日リーグ第9節のセレッソ大阪戦にて味方のDF三浦弦太選手と衝突し右頬骨骨折、右眼窩底骨折からでも分かる通り、東口選手は非常に怪我多く、プロ入り4年の間で3度の大怪我を経験しています。

コンディション調整さえ出来れば、絶対的守護神川島永嗣選手から先発の座を奪う存在だと思うので、ロシアワールドカップでの勇姿を是非見たいですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
サッカー日本代表メンバーまとめ!背番号や顔、年齢を紹介

中島翔哉のプレースタイルを解説!嫁や竹内涼真との関係についても

小林悠のプレースタイルを解説!嫁は石田直子?子供がかわいいと話題も

三竿健斗のプレースタイルを解説!彼女の噂と帰国子女の経歴もチェック!

車屋紳太郎のプレースタイルを解説!嫁や子供とのプライベートなオフショットも

宇賀神友弥は帰化してる?嫁や子供、兄弟についても気になる

倉田秋は結婚してる?タトゥーの噂やプレースタイルについても!

杉本健勇のタトゥー 光永の意味とは!彼女るな説と韓国人という噂の真相も!

スポンサーリンク

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください